[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 連敗の大坂「体が悲鳴」 逆転突破望みも満身創痍「何でまだプレーしてるの?と…」

連敗の大坂「体が悲鳴」 逆転突破望みも満身創痍「何でまだプレーしてるの?と…」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は24日、1次リーグ第2戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4-6、7-5、4-6で敗れた。

左太もも裏を気にするような仕草を見せた大坂なおみ【写真:小林 靖】
左太もも裏を気にするような仕草を見せた大坂なおみ【写真:小林 靖】

左太もも裏に違和感、再三気にする仕草も悲壮な覚悟「何が何でも最後までやる」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は24日、1次リーグ第2戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4-6、7-5、4-6で敗れた。2戦連続で2時間超えの死闘を演じながら2連敗。グループ最下位となったが、第3戦のキキ・ベルテンス(オランダ)戦に逆転突破の可能性は残った。第2セットから左太もも裏を再三、気にする素振りを見せたが、満身創痍で奇跡を起こす。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 体は限界まで来ている。大坂は第2セットの最中、プレーが途切れると、左太もも裏を気に素振りを再三見せ、休憩の最中には左足を伸ばしてストレッチした。2戦連続2時間超の死闘。結局、フルセットまで持ち込みながら敗れた。試合後の会見では「体が悲鳴を上げてる。『何でまだプレーしているの?』と聞いてくる」と満身創痍であることを明かした。

 会見の一問一答は以下の通り。

――左もも裏を気にしていたようだ。

「大したことはない。もう今シーズンラストの大会だから、何が何でも最後までやる。痛いとは言わないけど、あまり良い感じはしない」

――経験の差が出たか。

「ここに来てだいぶ年を取った気がする(笑)。チャンスはあったので、経験だとは思わない。モノにできなかっただけ。試合をまた見てみないと何が原因だとはいまいち分からない」

――2試合終えた。

「ワクワクさせてくれる大会。上位8人しか出れないベスト・オブ・ベストのトーナメント。シーズン始めはランキングが70位くらいだったので、この大会へのモチベーションは高い。参加できて嬉しいし、次の試合も楽しみ」

――リズムを掴めない原因は。

「なぜかよく分からないけど、このコートではタイミングが掴めない、サーブだろうがグラウンドストロークだろうが。微妙なフィーリング。相手が相手なのに自分でさえ、どう出るか分からない」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー