[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、敵も思わず拍手の“超絶ポイント”にWTA賛辞「とてつもないプレー!」

大坂なおみ、敵も思わず拍手の“超絶ポイント”にWTA賛辞「とてつもないプレー!」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は24日、1次リーグ第2戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4-6、7-5、4-6で2戦連続2時間超の死闘の末に敗れ、2連敗となった。

ケルバーに敗れ、2連敗となった大坂なおみ【写真:小林 靖】
ケルバーに敗れ、2連敗となった大坂なおみ【写真:小林 靖】

フルセット負けも第1セットに演じたスーパープレーをWTA速報

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は24日、1次リーグ第2戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4-6、7-5、4-6で2戦連続2時間超の死闘の末に敗れ、2連敗となった。敗れたはしたが、第1セットには相手のケルバーも思わず拍手を送ったスーパープレーが炸裂。WTAは「とてつもないプレー」と絶賛とともに動画付きで速報している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 何度も「GO!ナオミ!」コールが響いた試合で、輝きを放ったのは第1セットの3-5とリードされた大坂のサービスだった。激しい強打の応酬となったが、12本目でケルバーが変化を見せる。意表を突くドロップショット。これが見事にネット際に決まった。しかし、大坂が凄かったのはここからだ。

 抜群のスプリントを発揮し、猛然とダッシュ。ギリギリで追いつき、さらに冷静に状況を判断してネット際の逆サイドへ、クロスにドロップショットを返した。これにはケルバーも一歩も動けない。一気に沸き上がる大歓声。渾身のショットで逆にポイントを奪われたケルバーも拍手を送ったほどだ。

 WTA公式ツイッターは「ナオミ・オオサカからとてつもないプレー!」と絶賛コメントとともに試合中に動画付きで速報。会場のみならず、世界のファンに伝えていた。2時間29分の死闘の末に敗れた大坂だが、試合後はケルバーも「彼女は本当に素晴らしかった」と称賛。元世界女王と堂々と渡り合った。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー