[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太は漫画世界をも超越 「はじめの一歩」作者「だったら書いていいんじゃ…」

村田諒太は漫画世界をも超越 「はじめの一歩」作者「だったら書いていいんじゃ…」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日)に挑む。19日(同20日)は試合会場の米ラスベガス、パーク・シアターで前日計量が行われ、王者の村田はリミットを0.3キログラム下回る72.2キロ、挑戦者ブラントは71.8キロで、ともに一発でパスした。いよいよ決戦まで24時間を切った。日本で独占生中継する「DAZN」は人気ボクシング漫画「はじめの一歩」との異色コラボを実施。村田と、作者の森川ジョージ氏との対談を動画で公開している。

前日計量をパスした村田諒太【写真:荒川祐史】
前日計量をパスした村田諒太【写真:荒川祐史】

DAZNと人気漫画のコラボで森川氏との対談実現

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日)に挑む。19日(同20日)は試合会場の米ラスベガス、パーク・シアターで前日計量が行われ、王者の村田はリミットを0.3キログラム下回る72.2キロ、挑戦者ブラントは71.8キロで、ともに一発でパスした。いよいよ決戦まで24時間を切った。日本で独占生中継する「DAZN」は人気ボクシング漫画「はじめの一歩」との異色コラボを実施。村田と、作者の森川ジョージ氏との対談を動画で公開している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 村田と森川氏との異色の対談。その中で村田は作品の主人公・幕之内一歩に表面化し始めている、パンチドランカーの症状について言及。「ちょっとダークな面を見せ始めていると思っているんですよね。網膜剥離だったり。スポコンって結局、頑張りゃいけるというところはあるが、そうじゃなくて、ボクシング独特の頑張ってもダメだというところもある」とボクシング界のリアルな現状と照らし合わせ、共感している。

「ああやって壊れていく選手も多いんですよね。急に打たれ弱くなったりする選手もいる。そっちの方が多数派。我々みたいなののはごく一部。たぶんより今…現役ボクサーたちは特に僕らくらい長くやっている選手は、今あの展開にすごい興味を示していると思います」

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー