[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥と激突へ ロドリゲス“18秒の睨み合い”に司会者興奮「勝者が井上と対戦!」

井上尚弥と激突へ ロドリゲス“18秒の睨み合い”に司会者興奮「勝者が井上と対戦!」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦の前日計量が19日(日本時間20日)、米オーランドで行われ、IBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級3位のジェイソン・モロニー(オーストラリア)はそろってパス。勝者が準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)と対戦する。フェイスオフでは“18秒間の睨み合い”で火花をバチバチと散らした模様をWBSSが動画付きで公開し、司会者も「勝者が井上尚弥と対戦!」と興奮気味にまくし立てている。

WBSSバンタム級1回戦を突破したWBA王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級1回戦を突破したWBA王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

WBSS前日計量、ロドリゲス―マロニー戦はフェイスオフから早くも火花

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦の前日計量が19日(日本時間20日)、米オーランドで行われ、IBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級3位のジェイソン・モロニー(オーストラリア)はそろってパス。勝者が準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)と対戦する。フェイスオフでは“18秒間の睨み合い”で火花をバチバチと散らした模様をWBSSが動画付きで公開し、司会者も「勝者が井上尚弥と対戦!」と興奮気味にまくし立てている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 どちらが最強のモンスターに挑戦権を得るのか。決戦を前にバチバチと火花が散った。

 フェイスオフ。きっちりと仕上げた肉体を露わにし、ロドリゲスとモロニーが顔を合わせた。静かににらみ合う2人の間に闘志が宿る。その間、実に18秒。翌日に迫った決戦へ向け、気合が十分すぎるほどに漲っていた。

 会場を盛り上げた司会者も興奮を抑えられなかった。「IBF世界バンタム級チャンピオンのかかったプエルトリコとオーストラリアとの一戦だ。勝者はフアン・カルロス・パヤノを1ラウンドで撃破した井上尚弥と対戦する。ロドリゲスとモロニーの試合だ! WBSSバンタム級準々決勝でIBF世界バンタム級チャンピオンシップだ」とまくし立てた。

 司会者も思わず興奮するほどの注目の一戦。試合は王者ロドリゲスとみられているが、果たして、どんな結末を迎えるのか。井上自身も渡米し、視察する一戦。ゴングまであと1日に迫っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー