[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

衝撃の14歳トルソワとは何者か 天才少女の肖像「みんな4回転なら私は5回転を跳ぶ」

「もし、五輪の選考の年にみんなが4回転を跳ぶなら私は5回転を跳びます」

 過去には自らトゥトベリーゼコーチに頼み込み、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)と一緒に練習し、「彼女はとても多く練習していました……とてもとても勝ちたがっていた」と刺激を受けたという。「私はエテリ先生に『もうこれ以上できません』と言ったことがありません。お母さんに言ったら『休憩してまた練習に行きなさい』と彼女は答えました。コーチたちは私が疲れているのを見たら、自分たちから私に休日を与えます」と練習の虫であることも明かした。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 それほどまでにフィギュアに対して熱い思いがあるからこそ、ルールに対しても考えを持っている。ジュニアの女子SPでは4回転ジャンプ、3回転半ジャンプが加点されないことについて「私は、それは不公平だともうみんなに言いました。でも私たちのルールはそうなっています。多分これまで誰もそういったジャンプをショートプログラムで跳ぶとは思っていなかったのでしょう。私が(跳んでいいか)尋ねたら、ダメだと言われました」と漏らし、ジュニアの大会でも限界に挑戦したい思いがあるようだ。

 まだ14歳。将来についても大きな夢を抱いている。「今はフィギュアスケートを頑張ってオリンピックで勝ちたいです」と五輪女王を思い描いたトルソワ。一方で「その後、大人になったら25歳くらいで家庭が欲しいです。大きくなって家を持ったら大きいプードルを飼います」と普通の女の子らしい希望も持つ。しかし、フィギュアとなると一変。強烈なまでの意欲を明かしている。

「私は単純に誰も跳ばないジャンプを跳びます。もし、五輪の選考が行われる年にみんなが4回転ジャンプを跳ぶなら私は5回転ジャンプを跳びます」

 近年、メドベージェワ、ザギトワが世界を席巻してきたフィギュア大国ロシアに、またしても現れた逸材。その成長度と伸びしろはまだ、陰りが見えそうにない。

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集