[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、現地メディアを爆笑させたジョークとは? 「メキシカンビーフなしでね」

村田諒太、現地メディアを爆笑させたジョークとは? 「メキシカンビーフなしでね」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。17日(日本時間18日)は現地で公開練習を行った。決戦を3日後に控え、現地メディアの直撃を受けるなど、注目度は日増しに高まっているようだ。

現地メディアの直撃を受けるなど、注目度は日増しに高まっている村田諒太【写真:編集部】
現地メディアの直撃を受けるなど、注目度は日増しに高まっている村田諒太【写真:編集部】

公開練習後に現地メディアの直撃取材受ける

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。17日(日本時間18日)は現地で公開練習を行った。決戦を3日後に控え、現地メディアの直撃を受けるなど、注目度は日増しに高まっているようだ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 軽めの調整に終始し仕上がりの良さをうかがわせた村田。練習後には現地メディアの直撃取材を受けた。日本で最も人気のある王者だと聞いているが、との質問には「オリンピックの金メダルが大きいんじゃないですか」とさらりと返したチャンプ。ブラント戦へは「面白い試合になりますね。打ちあってくれるならうれしい」と会場を沸かせるファイトを誓った。

 試合を重ねるごとに上昇するファイトマネーについては、「お金は大きなモチベーションではない。贅沢するタイプじゃない。ボクシング界とか社会に貢献していけることが大事」と無関心を強調。ストイックな姿勢を明らかにしている。

 ブラント戦に勝利すれば、かねてから対戦を熱望していたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)らミドル級戦線のトップランカーとの対戦に大きく近づくが、「誰と戦っても自信はあります」と力強く回答。さらに、そのゴロフキンに再戦で勝利した、カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と試合をしたいか?という質問に対しては、英語で「メキシカンビーフなしでね(笑い)」と答えニヤリと笑った。

 カネロは昨年9月のゴロフキンとの第1戦後にドーピング違反騒動を巻き起こし、その理由としてメキシコ産牛肉を持ち出して言い訳していた。これを引き合いにブラックジョークで返した格好だ。これには現地メディアも爆笑。試合直前でも村田は余裕たっぷりの様子だ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー