[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、挑戦者との初対面にも興味なし!? 「よく見ていなかったので、印象はない」

村田諒太、挑戦者との初対面にも興味なし!? 「よく見ていなかったので、印象はない」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。17日(日本時間18日)は現地で公開練習を行った。

米ラスベガスで公開練習を行った村田諒太【写真:編集部】
米ラスベガスで公開練習を行った村田諒太【写真:編集部】

決戦まで4日、公開練習はごく軽めの調整

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。17日(日本時間18日)は現地で公開練習を行った。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 もうやることは終わった――。そういわんばかりに、村田は“静”の調整を貫いた。この日はわずか20分程度、体を動かしただけ。バンテージを巻くこともなかった。決戦まであと4日。順調な仕上がり具合をうかがわせた。

 ラスベガスのリングに上がるのは3度目だが、メーンイベンターを務めるのは初めて。全米で生放送する米放送局「ESPN」の取材に対し「光栄です。いい試合を皆さんに見せたい。勝つために練習してきたことを出すだけです」と意気込みを語った。

 村田の前に汗を流した挑戦者ブラントと初対面する場面もあったが、「よく見てなかったので、印象を得る前の段階。僕よりかはサイズは小さいですね」と火花を散らすどころか、冷静そのもの。印象については「いい選手。指名挑戦者。その選手に勝つことに意味がある」と敬意を払った。

 ファイトプランについては「いつも通りですが、プレッシャーかけてパンチ打ち込んで、相手は距離取りたがるでしょうが、それが通用するかしないかだけ。やることは決まっている」とイメージを膨らませた。

 挑戦者ブラント「ムラタは五輪の金メダリストで、プロでもベルトを獲っている。ジャブもいいしストレートもいい。先のことは考えていない。この試合でベルトを奪うことだけを考えてきた」

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー