[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太との対戦は? カネロの行く末に米メディア辛口「ミドル級に戻れば下降線」

村田諒太との対戦は? カネロの行く末に米メディア辛口「ミドル級に戻れば下降線」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級2位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。次戦以降の相手候補に挙がるWBA、WBC世界同級スーパー王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)は12月にWBA世界スーパーミドル級王者ロッキー・フィールディング(英国)と対戦し、3階級制覇を目指すが、米メディアは「ゴロフキン、チャーロ、ムラタら獅子の待つミドル級に戻って来ればキャリアの下降線を辿る」と指摘している。

村田諒太【写真:Getty Images】
村田諒太【写真:Getty Images】

スーパーミドル級王座挑戦のカネロの今後に米メディアが厳しい指摘

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級2位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。次戦以降の相手候補に挙がるWBA、WBC世界同級スーパー王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)は12月にWBA世界スーパーミドル級王者ロッキー・フィールディング(英国)と対戦し、3階級制覇を目指すが、米メディアは「ゴロフキン、チャーロ、ムラタら獅子の待つミドル級に戻って来ればキャリアの下降線を辿る」と指摘している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「カネロはフィールディング戦の圧倒的な本命」と特集したのは、米専門メディア「ボクシングニュース24」だった。

 マディソン・スクエア・ガーデンでフィールディング戦を迎えることを発表したカネロ。9月15日に判定勝ちを収めたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との2度目の世界戦がミドル級の見納めとなるかもしれない。特集では「フィールディング戦がうまくいけば、彼が168ポンド(スーパーミドル級)にとどまる可能性が大いにある」と指摘している。

 ゴロフキン、WBC暫定世界王者ジャーモール・チャーロ(米国)ら文句なしの実力者揃いのミドル級で、メキシコで絶大な人気を誇るカネロとのマッチアップはファン期待の一戦が目白押しになりそうだが、ボクシングファンの期待通りにはならないという。

「ミドル級で名勝負の数々が待っているため、カネロが168ポンドにとどまるとボクシングファンが考えるのは困難だ。ボクシングの頂点でのキャリアを伸ばそうとするため、さらなる昇級をすることになるだろう」とした上で、カネロのキャリアを脅かす7人のファイターを挙げ、その一人に日本が誇る名前を記した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー