[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本気!?演出!? 試合前から一触即発、PFP2位最強王者の“素手フック”に海外戦慄

ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)に米ネブラスカ州オマハで行われる。3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を迎える一戦は、12日(同13日)は計量が行われたが、早くも一触即発の様相を呈している。にらみ合った後にクロフォードが、右フックを繰り出す場面を米放送局「ESPN」が公式ツイッターで公開。現地ファンは早くもヒートアップしている。

3階級制覇王者であるテレンス・クロフォード【写真:Getty Images】
3階級制覇王者であるテレンス・クロフォード【写真:Getty Images】

計量後、クロフォードが挑戦者に“素手フック”繰り出す

 ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)に米ネブラスカ州オマハで行われる。3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を迎える一戦は、12日(同13日)は計量が行われたが、早くも一触即発の様相を呈している。にらみ合った後にクロフォードが、右フックを繰り出す場面を米放送局「ESPN」が公式ツイッターで公開。現地ファンは早くもヒートアップしている。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 注目の大一番は戦前からバチバチと火花が散っている。計量後のフェイスオフ。顔がくっつきそうな距離で視線を交錯させた両者。クロフォードに対して、挑戦者のベナビデスが何事かつぶやき、そして両手で胸をプッシュ。その瞬間だ。頭に血が上ったのかクロフォードは右フックを一閃。このハンドスピードも速かったのだが、これをスウェーで見事に交わしたベナビデス。いきなり両選手が激しくやりあった。

 関係者に制止され引き離される両者。グローブをつけておらず、もしクロフォードのフックが当たっていたら……と恐ろしくなる場面を、ESPNは「どうやらテレンス・クロフォードとホセ・ベナビデスによるウェルター級のタイトル戦は、少し早めに始まったようだ」とつづり、動画で一部始終を公開。ファンもヒートアップしてきた。

「ベナビデスのマトリックスのような動き!」
「2人はUFCみたいだ…」
「これは熱い試合になる」
「もしこのパンチを自分が受けたら、立ち上がれないな…」
「わざと空振りになるようにパンチを出してるね」
「仕込みかな」
「WWEのようなスタイルだけど、彼等は試合への注目を集めようとしているんだ」

 もしかしたら試合を盛り上げるための演出なのか……という声も上がっていたが、いずれにせよ世界が注目するビッグマッチ。先週は井上尚弥(大橋)の70秒KOが話題を集めたボクシング界で、今週の主役となるのはどちらだろうか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集