[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 本当に2歳児!? おしゃぶり咥えた“天才打撃”に米脚光「2034年の一巡目指名になる」

本当に2歳児!? おしゃぶり咥えた“天才打撃”に米脚光「2034年の一巡目指名になる」

米大リーグはポストシーズン真っ盛り。一方で注目を集めているのは、可愛すぎる小さな大打者の見事なバッティングだ。おしゃぶりを咥えた2歳の幼児のティーバッティングの映像をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」がツイッターで公開。米メディアも特集するなど、大反響呼んでいる。

ブレーブスのフリーマンと息子のチャーリー君【写真:Getty Images】
ブレーブスのフリーマンと息子のチャーリー君【写真:Getty Images】

ブレーブス・フリーマンの息子チャーリー君の見事な打撃が話題に

 米大リーグはポストシーズン真っ盛り。一方で注目を集めているのは、可愛すぎる小さな大打者の見事なバッティングだ。おしゃぶりを咥えた2歳の幼児のティーバッティングの映像をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」がツイッターで公開。米メディアも特集するなど、大反響呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 鋭い打球を連発しているのは、なんとおしゃぶりを咥えた2歳児だった――。衝撃映像の主役は、ブレーブスのスター、フレディ・フリーマン内野手の息子・チャーリー君だった。グレーの短パンに父フリーマンの背番号入りTシャツ。そして口にはおしゃぶり……。

 この幼児がスタンドティーの上に乗せられたボールを黙々と、次から次へと打ち返していく。9秒間で6スイング。いずれもジャストミートしているから驚きだ。

 父譲りの打撃センスを持つ2歳児にフォーカスしているのは、米メディア「12up」だった。「当然ながらフレディ・フリーマンの幼い息子は強打の持ち主」と題して異例の特集を組んでいる。

「ブレーブスのスター一塁手、フレディ・フリーマンは球界屈指の打者だが、彼の息子チャーリーも父の足跡を追うことになるかもしれない。このティー打撃を見よ」

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー