[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、“ボールキッズ叱責問題”に持論 「いつだって敬意を払いたい」

テニスの世界ランク2位ロジャー・フェデラー(スイス)が、先日の試合で浮上したボールキッズと選手の関係について持論を展開。「敬意を払われるべきだ」と語っている。英メディアが報じている。

レーバーカップ参加時にボールボーイと交流したロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
レーバーカップ参加時にボールボーイと交流したロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

フェデラーがベルダスコの“ボールキッズ叱責”を受け持論語る

 テニスの世界ランク2位ロジャー・フェデラー(スイス)が、先日の試合で浮上したボールキッズと選手の関係について持論を展開。「敬意を払われるべきだ」と語っている。海外メディアが報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 発端となったのは先月の深センオープンでの出来事だ。男子シングルスの準決勝でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)は西岡良仁(ミキハウス)に逆転負け。その試合中だった。

 ボールボーイにタオルを持ってくるように要求したベルダスコ。しかし、ボールボーイの反応が遅れた。これにスペインの34歳は苛立ったようだ。両手をくるくると回し、早くしてくれというようなジェスチャーを見せた。ボールボーイが慌ててタオルを持って駆け寄ったが、さらに身振り手振りで何やら大声で言葉をかけ、苛立った素振りを続けた。

 反応が遅れたボールボーイにも落ち度はあるが、34歳のベテランであり、元世界ランク7位のトップ選手の行動としては褒められるものではない。豪州版ヤフー公式ツイッターはベルダスコがボールボーイに詰め寄るシーンの様子を画像で公開。SNS上では非難が殺到していた。

 英衛星放送「ユーロスポーツ」は、ベルダスコの振る舞いが話題を呼んでいることを伝えつつ、「ロジャー・フェデラーがボールボーイやボールガール達は敬意を払われるべきだと語る」と題して特集している。

 記事によると、フェデラーは「素晴らしい仕事をしてくれているボールキッズの子供達に対して、いつだって敬意を払いたいと誰もが思っている。プレイヤーが常に感情をコントロールすることは簡単ではないけれど」と語っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集