[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥が「KOオブ・ザ・イヤー筆頭」 米リング誌編集長「とーーーーーっても感銘」

井上尚弥が「KOオブ・ザ・イヤー筆頭」 米リング誌編集長「とーーーーーっても感銘」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1回70秒KOで勝利を収めた。権威ある米ボクシング専門誌「リング」編集長は「2018年のKOオブ・ザ・イヤー筆頭候補だ」と絶賛している。

衝撃のKO勝利で国内外で大きな話題を集める井上尚弥【写真:Getty Images】
衝撃のKO勝利で国内外で大きな話題を集める井上尚弥【写真:Getty Images】

権威ある米専門誌編集長が絶賛「なんてことだ!」

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1回70秒KOで勝利を収めた。権威ある米ボクシング専門誌「リング」編集長は「2018年のKOオブ・ザ・イヤー筆頭候補だ」と絶賛している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 世界で最も権威があるとされるボクシング専門誌「リング」。創刊96年を誇る老舗媒体の最高責任者であるダグラス・フィッシャー編集長も「Naoya Inoue」の70秒KOに衝撃を受けたようだ。

 公式サイトの特集で「ザ・モンスター、ナオヤ・イノウエ。なんてことだ、何を言ったらいいんだ? ジャーモール・チャーロ対エリクソン・ルービンを彷彿とさせる。なんて一打だ。小柄な選手にこういったノックアウトを奪うパワーが備わっているのは稀だが、この点が彼をスペシャルなファイターたらしめている」という読者の声に返信する形で記事を展開している。

「私も『なんてことだ!』という言葉は、イノウエがワンツーコンボでパヤノを撃破した一戦を良く表していると思う」と記したフィッシャー氏も「イノウエの戦いぶりはとーーーーーーーっても感銘を受けるものであった。パヤノは経験豊富なかつてのタイトルホルダーであった。イノウエによる第1ラウンドでの強打は、2018年のKOオブ・ザ・イヤー筆頭候補だろう」と太鼓判だ。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー