[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 甲子園準Vら3年目若手続々 タイトルホルダー、元ドラ1選手も…第1週の戦力外通告は?

甲子園準Vら3年目若手続々 タイトルホルダー、元ドラ1選手も…第1週の戦力外通告は?

プロ野球は1日から第1次戦力外通告期間が始まった。基本的に発表は平日となるため、第1週の発表を見ていくと、タイトルホルダー、入団3年目の高校球界スターら多くの名選手が所属先との別れが決まった。

各球団が戦力外を発表、かつて甲子園を沸かせた若手選手たちの名も
各球団が戦力外を発表、かつて甲子園を沸かせた若手選手たちの名も

1日から第1次戦力外通告期間が開始

 プロ野球は1日から第1次戦力外通告期間が始まった。基本的に発表は平日となるため、第1週の発表を見ていくと、タイトルホルダー、入団3年目の高校球界スターら多くの名選手が所属先との別れが決まった。

【最新版】すでに計100人超に動き、あの甲子園スターに元ドラ1選手も… <2018-19年、12球団の戦力外・引退・退団全一覧>

 タイトルホルダーでは、ロッテ時代の07年に最優秀防御率を獲得したヤクルト・成瀬善久、同じくロッテ時代に首位打者、最多安打、2度の盗塁王に輝いた阪神・西岡剛、ヤクルト時代にベストナイン2度、ゴールデン・グラブ賞を獲得したDeNA・田中浩康、ゴールデン・グラブ賞2度のDeNA・荒波翔ら実力選手が戦力外となった。また、鳴り物入りで入団したヤクルト・由規、DeNA・須田幸太らドラフト1位選手も構想から外れた。

 近年の甲子園などで高校球界を沸かせた若手も相次ぎ、仙台育英のエースで甲子園準Vのオリックス・佐藤世那(3年目)、開星で「山陰のジャイアン」と呼ばれたDeNA・白根尚貴(7年目)、高校通算97本塁打のソフトバンク・黒瀬健太(3年目)、九州国際大付で甲子園2度出場のDeNA・山本武白志(3年目)、日大三島の最速152キロ右腕で2位指名されたソフトバンク・小澤怜史(3年目)らが戦力外となり、退団することになる。

 戦力外は25日に行われるドラフト会議などオフへ向け、新たなチーム編成でやむを得ない非情通告。球団別では、ここまでDeNAが9人、ソフトバンクとヤクルトが8人と大量の戦力外となり、大幅な血の入れ替えをすることになる。引退、自由契約を含め計100人以上にすでに動きがあり、今後も目が離せない。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー