[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • シャラポワ、論争火消しならず 全仏出場の可能性に選手から反発「許されない」

シャラポワ、論争火消しならず 全仏出場の可能性に選手から反発「許されない」

ドーピング違反による1年3か月の出場停止処分から復帰したポルシェ・グランプリ(シュツットガルト)で4強入りした元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(ロシア)。復活への第一歩を刻み、次は全仏オープン出場に注目が集まっているが、最新のランキングで262位にとどまった30歳が全仏のコートに立つためにはワイルドカード(主催者推薦)が必要となる。

世界262位浮上もやまない論争、今度は世界5位ハレプが全仏出場の可能性批判

 ドーピング違反による1年3か月の出場停止処分から復帰したポルシェ・グランプリ(シュツットガルト)で4強入りした元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(ロシア)。復活への第一歩を刻み、次は全仏オープン出場に注目が集まっているが、最新のランキングで262位にとどまった30歳が全仏のコートに立つためにはワイルドカード(主催者推薦)が必要となる。しかし、ライバル選手から「ドーピングを行った選手にワイルドカードを与えることは許されてはならない」と反発の声が上がっていると海外メディアが報じた。

 米テニス専門誌「Tennis」電子版では、ポルシェGPで決勝進出すれば、世界ランク175~180位まで上昇するとみられていたが、準決勝で敗れたことで250位にも到達することができなかったと記述。全仏オープンの出場権は今週発表の世界ランクを元に決定され、200位以内の選手が大抵の場合出場権を得ると説明しており、この結果、同大会に出場するにはワイルドカードが必要になった。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「シュツットガルトでの結果はマリア・シャラポワ論争の火消しとはならない」との見出しで特集。フランステニス連盟は禁止薬物を使用した選手がワイルドカードを得ることに関して見解を示しておらず、連盟は16日にFacebookのライブ配信で決断を明らかにする予定だとしている。

 だが、選手からは反発の声が上がっている。同記事では、世界ランク5位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)がシュツットガルトで語った見解を紹介した。

「子供たちのために、若い選手のために、ドーピングを行った選手にワイルドカードを与えることは許されてはならない。マリア・シャラポワだけに限った話ではなく、ドーピングがこれまでに発覚した全選手に関して」

 このように批判し、ドーピングが発覚したシャラポワが全仏の舞台に立つことに否定的な考えを持っている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー