[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【3日の戦力動向】巨人の元守護神が引退、DeNAは大量9選手戦力外…2球団計10人が退団

【3日の戦力動向】巨人の元守護神が引退、DeNAは大量9選手戦力外…2球団計10人が退団

プロ野球は3日、各球団で戦力外などを発表。DeNAは大量9選手が戦力外。巨人は元守護神・西村健太朗投手が現役引退を表明した。2球団で計10人の退団が決まった。

プロ野球は3日、2球団で計10人の退団が決まった
プロ野球は3日、2球団で計10人の退団が決まった

DeNAが戦力外発表、田中浩、荒波ら9選手

 プロ野球は3日、各球団で戦力外などを発表。DeNAは大量9選手が戦力外。巨人は元守護神・西村健太朗投手が現役引退を表明した。2球団で計10人の退団が決まった。

【一覧】10月1日から第1次戦力外通告期間が開始、3日は10人が退団へ、あのタイトルホルダーも…<2018-2019年の退団者一覧>

 DeNAは、田中浩康内野手、荒波翔外野手ら9選手と来季の契約を結ばないことを通知。田中浩は2016年にヤクルトを自由契約となり、昨季からDeNAでプレー。通算1018安打をマークするも、今季は出場機会が激減していた。

 地元・横浜高出身で、俊足と堅守で知られた荒波は2012年、13年と外野手として2年連続ゴールデン・グラブ賞を受賞。しかし、今季はキャリア最少の11試合の出場にとどまっていた。

 巨人は先発、リリーフとフル回転した西村が現役引退を表明した。西村は2003年ドラフト2位で入団。2012年からストッパーを務めると、13年には球団新記録の42セーブをマークし、セーブ王に輝いた。今季はけがに苦しみ、プロ15年目で初めて1軍登板なしに終わっていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー