[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生にライバル!? 皇帝が「ユヅルよりも先に4Aを跳べるかも」と推す選手は?

フィギュアスケートで五輪連覇の絶対王者・羽生結弦(ANA)にライバル出現!? ネーベルホルン杯で3位に入ったアルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)は公認大会初の3回転ルッツ―3回転フリップの連続ジャンプに成功。ロシアメディアに対して、羽生も目標としている4回転アクセルに挑戦することを明言。皇帝エフゲニー・プルシェンコ氏も「もしかしたらハニュウよりも先に4回転アクセルを跳べるかもしれない」と話しており、注目度が増している。

五輪で連覇を果たした羽生結弦【写真:Getty Images】
五輪で連覇を果たした羽生結弦【写真:Getty Images】

ドミトリエフは史上初めて3回転ルッツ―3回転フリップのコンビネーション決める

 フィギュアスケートで五輪連覇の絶対王者・羽生結弦(ANA)にライバル出現!? ネーベルホルン杯で3位に入ったアルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)は公認大会初の3回転ルッツ―3回転フリップの連続ジャンプに成功。ロシアメディアに対して、羽生も目標としている4回転アクセルに挑戦することを明言。皇帝エフゲニー・プルシェンコ氏も「もしかしたらハニュウよりも先に4回転アクセルを跳べるかもしれない」と話しており、注目度が増している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ロシアの26歳、ドミトリエフは父もフィギュアスケーターで、1992年アルベールビルオリンピック、1998年長野オリンピックのペア金メダリスト。ジュニア時代から知られる選手だが、ここにきて再び注目を集めている。

 ロシアメディア「sports.ru」が同大会の後にインタビューを行っている。公認大会初の3回転ルッツ―3回転フリップの連続ジャンプのアイデアについては、「私は以前にサルコーを跳び始めたのですがその後に思いました、ルッツとフリップの連続ジャンプを試してみたら面白いんじゃないかなと」と明かしている。

 初めてのことに挑戦することへの、高いモチベーションを口にしているドミトリエフ。チャレンジへの意識はこう語っている。

「何か新しいことをするということは面白い。もちろん一定のリスクはあります、なぜならそれができるかどうかに関して、いつもはっきりしているわけではないし、すべての人が(その可否を)知っているわけではないから。私たちが何かしかの新しい試みに関して話すとき、必ずリスクがあります。それは受け入れる必要があるし先に進まなければなりません」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集