[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、快勝発進にも反省しきりの理由とは? 「今日のプレーは本当に雑だった」

テニスの中国オープンは1日、女子シングルス1回戦で全米オープン覇者で世界ランク6位の大坂なおみ(日清食品)は予選を勝ち上がった世界91位のザリナ・ディアス(カザフスタン)を6-4、6-3で下し、2回戦進出を決めた。WTAは公式サイトで試合をレポート。68分間での快勝だったが、「今日のプレーは本当に雑だった」と反省しきりだった。

中国オープンで2回戦進出を決めた大坂【写真:Getty Images】
中国オープンで2回戦進出を決めた大坂【写真:Getty Images】

初戦突破の大坂、WTAが試合をレポート

 テニスの中国オープンは1日、女子シングルス1回戦で全米オープン覇者で世界ランク6位の大坂なおみ(日清食品)は予選を勝ち上がった世界91位のザリナ・ディアス(カザフスタン)を6-4、6-3で下し、2回戦進出を決めた。WTAは公式サイトで試合をレポート。68分間での快勝だったが、「今日のプレーは本当に雑だった」と反省しきりだった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 中国のファンを大いに沸かせた。第2セット、4-1とリードしての第6ゲーム。自身の強烈なサービスを、ディアスもライン際に好リターン。返すのが精いっぱいだったが、相手が決めにきたフォアをバックハンドで逆サイドに打ち込むと、ディアスは追いつけない。完璧なウイナーだった。

 貫録の初戦突破だったが、大坂は反省しきりのようだ。WTA公式サイトは「オオサカが中国オープンの開幕を勝利で飾る」と題して試合をレポート。試合後のコメントを伝えている。

「今日のプレーは本当に雑だった。私は今日の出来が良くなかったことは分かっている。でも勝つことができて良かった。彼女もおそらくベストのプレーではなかったと思う。そんな状態で、ともに苦労しながらだった。彼女とは全仏オープンで戦ったけれど、本当にタフな試合だった。勝つ方法を探す必要があったけれど、その時も嫌な相手だった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集