[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷、新人王の行方は!? 地元紙が全米記者直撃「単純明解」「二刀流は特筆もの」

大谷、新人王の行方は!? 地元紙が全米記者直撃「単純明解」「二刀流は特筆もの」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地レンジャーズ戦で自身のキャリアハイに並ぶ22号ソロアーチを放った。打率.283、OPS.930とルーキー離れした成績を残しているが、そんな中で注目されているのが、新人王の行方だ。地元紙が米メディアの声をまとめ、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの行方を特集している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

新人王の行方をエンゼルス地元紙が特集、全米記者にアンケート

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地レンジャーズ戦で自身のキャリアハイに並ぶ22号ソロアーチを放った。9月に入って7本目。右ひじを痛め、シーズン終了後には右肘内側側副靱帯の再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けることが決まっているが、その影響などまるで感じさせず終盤に入って打ちまくっている。打率.283、OPS.930とルーキー離れした成績を残しているが、そんな中で注目されているのが、新人王の行方だ。地元紙が米メディアの声をまとめ、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの行方を特集している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 果たして大谷は新人王に輝けるのか――。興味の対象は日米ともに同じだ。ア・リーグの新人王争いは、大谷とヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレス両内野手による三つ巴の争いと目されている。

「エンゼルスのショウヘイ・オオタニは終盤の追い上げで新人王争いに」と題して特集しているのは、米地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」電子版だった。

 記事では絶好のスタートを切った4月、5月には新人王が有力視されていたものの、6月に右肘の内側側副靱帯損傷が明らかになり、約1か月離脱。可能性が潰えたかに見えたと書き出している。

 それでも7月に復帰。8月は打率.328、6本塁打、18打点。そして9月も打率.303、7本塁打、16打点と終盤にきて結果を残し続け、再び新人王の俎上に上がってきたのだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー