[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂と激突プリスコバが警戒「波に乗ってる」 完全アウェーは歓迎「私も楽しめる」

大坂と激突プリスコバが警戒「波に乗ってる」 完全アウェーは歓迎「私も楽しめる」

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は22日、シングルス準決勝で世界ランク7位の第3シード・大坂なおみ(日清食品)は同37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)を6-2、6-3で下し、全米オープンから10連勝で決勝進出。6戦連続ストレート勝ちで2年ぶりにファイナルに駒を進め、凱旋Vに王手をかけた。決勝で戦う元世界1位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)は「彼女は波に乗っている」と警戒している。

決勝で大坂なおみと対決するカロリナ・プリスコバ【写真:荒川祐史】
決勝で大坂なおみと対決するカロリナ・プリスコバ【写真:荒川祐史】

決勝で対戦する元世界1位、超満員は「彼女の人気でこうなっている」

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は22日、シングルス準決勝で世界ランク7位の第3シード・大坂なおみ(日清食品)は同37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)を6-2、6-3で下し、全米オープンから10連勝で決勝進出。6戦連続ストレート勝ちで2年ぶりにファイナルに駒を進め、凱旋Vに王手をかけた。決勝で戦う元世界1位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)は「彼女は波に乗っている」と警戒している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大坂を迎え撃つ元世界NO1も警戒心を強めた。先に決勝進出を決めていたプリスコバは、優勝をかけて戦う全米女王について「全米オープンも優勝し、今大会も決勝まで来て波に乗っている。自信を持って臨んでくる。今日の試合を見るとサーブが良く、いい形で試合をできている」と印象を語った。

 対戦成績は1勝1敗。「過去に2度対戦があると思うけど、どのようなプレーをしてくるか分かっている。私には武器があるし、いかにミスをしないかがカギ。私もいいサーブを繰り出せば勝機はあると思う」と自信を見せた。

 決勝は大坂の優勝を期待する日本のファンが埋め尽くし、アウェーとなることが予想されるが「もちろん、彼女が声援を受けるのは分かっている。でも、日本のファンは大騒ぎすることはない。もっとひどい環境でプレーしたこともある。ただ、向こうが応援されるのを受け入れてプレーしたい」と歴戦の元世界NO1らしく語った。

「お客さんが勝利を掴むわけじゃない。最後は私たちが勝とうと思って向かわななければいけない」と話した上で「満員の素晴らしい環境でやれる。彼女の人気でこうなっていると思う。私もその方が遥かに楽しめる」と全米女王に敬意を払いながら、優勝に向けて決意を新たにしていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー