[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、新SPの“先輩”ウィアー氏も絶賛「『秋によせて』はユヅクンのものに」

フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は21日、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が97.74点で首位。スピンが0点になるミスがありながら貫禄を見せつけた。平昌五輪以来となる演技をIOC運営サイト「オリンピックチャンネル」が動画付きで公開するなど、さすがの注目度を見せているが、今回の新プログラム「秋によせて」を過去に使用していた羽生の憧れ、ジョニー・ウィアー氏(米国)も「『秋によせて』はユヅクンのものに」と手放しで絶賛している。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

憧れの“原曲”ウィアー氏も認める「素晴らしい衣装、柔らかさ、スタイル…」

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は21日、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が97.74点で首位。スピンが0点になるミスがありながら貫禄を見せつけた。平昌五輪以来となる演技をIOC運営サイト「オリンピックチャンネル」が動画付きで公開するなど、さすがの注目度を見せているが、今回の新プログラム「秋によせて」を過去に使用していた羽生の憧れ、ジョニー・ウィアー氏(米国)も「『秋によせて』はユヅクンのものに」と手放しで絶賛している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 さすがの貫禄だった。平昌五輪以来となる公式戦。羽生は大注目の中、リンクに現れた。冒頭の4回転サルコーを完璧に着氷。一気に会場を惹き込むと、得意のトリプルアクセルも決めた。連続ジャンプがやや乱れ、スピンにミスもあったが、それでも堂々の97.74点で首位発進。まずは上々の滑り出しとなった。

 注目度も王者らしいものだ。「オリンピックチャンネル」は羽生の単独インタビューとともに、美しく4回転サルコー、トリプルアクセルを決めた瞬間などを動画付きで公開。世界のファンを魅了させていた。さらに、今回選んだ「秋によせて」はトリノ五輪5位のウィアー氏がかつて滑った曲。憧れの人も手放しで羽生に賛辞を送っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集