[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ダブルスも強い! 加藤&二宮組が日本勢初V王手「私たちは私たちの道をいきます」

ダブルスも強い! 加藤&二宮組が日本勢初V王手「私たちは私たちの道をいきます」

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は21日、ダブルスの準決勝を行い、加藤未唯(ザイマックス)、二宮真琴(橋本総業)組が第2シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)、シュー・イーファン(中国)組を7-6、6-0で破り、決勝進出。日本勢初優勝に王手をかけた。

日本勢初優勝に王手をかけた加藤未唯、二宮真琴組【写真:編集部】
日本勢初優勝に王手をかけた加藤未唯、二宮真琴組【写真:編集部】

アジア大会銅メダルペアが第2シード撃破

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は21日、ダブルスの準決勝を行い、加藤未唯(ザイマックス)、二宮真琴(橋本総業)組が第2シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)、シュー・イーファン(中国)組を7-6、6-0で破り、決勝進出。日本勢初優勝に王手をかけた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 アジア大会銅メダルペアは強かった。第1セットはリードされる苦しい展開もタイブレークの末に逆転勝ち。すると一転して第2セットは圧倒した。第2シードを相手に、1時間19分でストレート勝ち。日本ペアでは初の決勝進出だ。

 今季からペアを組む同級生の2人。2017年の全豪オープンで4強入りの実績を誇る23歳の加藤は「先にリードされて苦しい展開でしたが、サーブ、ストロークのフィーリングが良かったので、セットポイント取られた時もいけると思っていました」と激戦を振り返った。

 一方で24歳の二宮も今季、全仏オープンで穂積絵莉とのペアで日本人初の決勝進出を果たした。「サービスがキープできなかったので、嫌な流れでしたが、加藤さんのストロークが良かったので大丈夫かなと思った」と“相方”を持ち上げた。

 優勝なら日本勢初の快挙。加藤は「それは知らなかったです。過去の記憶は全く見ないので、私たちは私たちの道を行きます」と断言し報道陣を笑わせれば、二宮も「加藤さんがそう言っているので、気にせず頑張ります」と追従。息の合った?名コンビぶりを見せていた。

 凱旋した大坂の快進撃に沸く今大会だが、ダブルスも確かな存在感を披露している。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー