[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、トラウトとの“看板コンビ弾”に同僚も続々絶賛「この男たちはスペシャル」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「4番・DH」で出場し、第1打席で20号ソロを放った。日本人では松井秀喜(ヤンキース)以来、2人目となる大台到達となった。3番マイク・トラウトとの2者連発で初のアベック弾が実現し、MLBは「ついに起こった!」と興奮気味につづり、豪華競演を動画付きで公開。一方、同僚からも“看板コンビ”2人に「この男たちはスペシャルだ」「これはもはや誰も驚かないよ」と絶賛が相次いでいる。

大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】
大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】

初のアベック弾に同僚から賛辞、ヒーニー「この男たちは試合を変えてくれる」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「4番・DH」で出場し、第1打席で20号ソロを放った。日本人では松井秀喜(ヤンキース)以来、2人目となる大台到達となった。3番マイク・トラウトとの2者連発で初のアベック弾が実現し、MLBは「ついに起こった!」と興奮気味につづり、豪華競演を動画付きで公開。一方、同僚からも“看板コンビ”2人に「この男たちはスペシャルだ」「これはもはや誰も驚かないよ」と絶賛が相次いでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ついに、大谷がトラウトとのアーチ競演が実現した。初回の第1打席。右腕ラミレスが投じた88.8マイル(約143キロ)ツーシームをフルスイングで捉えた。真芯ではじき返した打球はあっという間に中堅後方へ。そして、そのまま失速することなくフェンスを越えた。418フィート(約127メートル)の今季20号ソロ。節目の一発に本拠地も熱狂が渦巻いた。

 誰よりも喜んでいたのは、この男だったかもしれない。ベンチで先頭で待っていたのはトラウトだ。直前に先制2ランを放っていた3番打者は大谷と握手を交わし、背中を叩いて祝福。背後からヘルメットを“強奪”し、手荒い祝福を演じた。打線の顔として牽引してきた背番号27にとっても、ついに初実現した大谷とのアベック弾の喜びは格別だったようだ。

 MLB公式ツイッターは「ついに起こった! トラウト&オオタニが連発」と動画付きで速報。エンゼルスが誇る看板2人の一発競演に興奮気味に伝えていたが、その破壊力は同僚から見ても十分だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集