[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 奥原希望、東京五輪をイメージさせる“女王対決”に惜敗「しっかりと対策練りたい」

奥原希望、東京五輪をイメージさせる“女王対決”に惜敗「しっかりと対策練りたい」

女王対決と呼ぶにふさわしい熱戦だった。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に最終日を迎え、女子シングルスはキャロリーナ・マリン(スペイン)が2-1で奥原希望(日本ユニシス)を破って連覇を成し遂げた。

女王対決を制したマリン(左)と奥原【写真:平野貴也】
女王対決を制したマリン(左)と奥原【写真:平野貴也】

熱戦の女王対決、奥原がリオ五輪金メダリストのマリンに敗戦

 女王対決と呼ぶにふさわしい熱戦だった。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に最終日を迎え、女子シングルスはキャロリーナ・マリン(スペイン)が2-1で奥原希望(日本ユニシス)を破って連覇を成し遂げた。マリンは、2016年のリオデジャネイロ五輪と2014年、15年、18年の世界選手権を優勝。5年間で唯一逃した世界タイトル(17年世界選手権)を制したのが奥原だ。2人の女王が見せた一戦は、2年後に同じ会場で行われる2020年東京五輪をイメージさせるに十分な激闘だった。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 試合の立ち上がりは、クリアの打ち合いから奥原がラリーを優位に展開して先行。しかし、終盤にマリンがスピードを上げ、奥原は19-16から5連続失点を喫して第1ゲームを落とした。第2ゲームは、奥原が持ち味の粘り強さを見せた。ラリーは押される場面が多かったが、相手のスマッシュやドロップに食らいついた。16-17から相手のミスを誘発して5連続得点。ファイナルゲームに持ち込んだ。

 ただし、ファイナルゲームは奥原にミスが増えて圧倒された。序盤から連続失点でリードされ、2-11で折り返した後もばん回できなかった。最後はドロップショットを決められて11-21。奥原は、相手を破るイメージはあったが、イメージ通りの球が出せなかったと話した。例に挙げたのは、相手のフォア奥へ打つ誘い球だ。

「マリン選手がフォアからスマッシュを打つ球は、多分、自分のクリアやロブが浅くて低かった。相手が打ちやすい高さやリズムになっていたときに(強打を)打たれて、前に詰められていたと思う。(打って)詰められても良いけど(簡単に)打たれ過ぎるのは良くない。まったく(強打を)打たれないのも、自分にとっては良くない。打たせて取る自分のカウンター待ちも必要。ただ、単調過ぎて、マリン選手をもう少し考えさせて(悩ませて)打たせる球が少なかったかなと思う。フォア奥へ出す球のバリエーションをもっと増やさなければいけないと思う」(奥原)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー