[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • フクヒロ、「飛ばない」五輪会場を生かした初優勝「思い切って振って攻撃に行けた」

フクヒロ、「飛ばない」五輪会場を生かした初優勝「思い切って振って攻撃に行けた」

「フクヒロ」の安定感は、やはり抜群だ。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に各種目の決勝を行い、女子ダブルスは世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)がストレート(21-15、21-12)で世界ランク2位のチェン・チンチェン、ジァ・イーファン(中国)を破って初優勝を飾った。

女子ダブルスで初優勝を飾った廣田(左)と福島【写真:平野貴也】
女子ダブルスで初優勝を飾った廣田(左)と福島【写真:平野貴也】

抜群の安定感で初優勝、東京五輪の「飛ばない」会場で感じたもの

「フクヒロ」の安定感は、やはり抜群だ。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に各種目の決勝を行い、女子ダブルスは世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)がストレート(21-15、21-12)で世界ランク2位のチェン・チンチェン、ジァ・イーファン(中国)を破って初優勝を飾った。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 アジア大会の雪辱だった。8月にインドネシアで行われたアジア大会で、同じ相手と2度対戦した。先に行われた団体戦では勝ったが、個人戦では敗れた。相手は、身長175センチのジァが左の強打を打ちまくり、甘い返球を前衛のチェンが叩くコンビネーションが強烈。相手のペースにはまると、防戦一方に追い込まれる。しかし、今回は簡単には連続攻撃をさせず、力強いレシーブで対抗しながら、自分たちの攻撃パターンに持ち込んだ。

 背景にあったのは、会場の特性だ。2020年東京五輪のバドミントン競技会場に決まっている武蔵野の森総合スポーツプラザは、空調の影響が少なく、広々とした空間があり、初日から各選手が「シャトルが飛ばない、失速する」と口をそろえていた。強打が決まりにくいというのが最も分かりやすい影響で、守備側に優位性がある。しかも、相手のショットを拾いやすいというだけでなく、シャトルが飛びやすい会場ではレシーブがコートの枠から出てしまう危険性があるために繊細なコントロールが必要になるが、シャトルが飛びにくいのなら思い切り打ち返せるというメリットがある。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー