[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宇野昌磨、貫禄のV3を地元伊メディアも賛辞「ショウマが“定位置”の優勝」

宇野昌磨、貫禄のV3を地元伊メディアも賛辞「ショウマが“定位置”の優勝」

フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア)は15日、男子フリーでショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が172.05点をマークし、合計276.20点で優勝。貫禄の3連覇を達成した平昌五輪銀メダリストに対し、地元のイタリアメディアも「超高難度を滑り切り“定位置”の優勝」と賛辞を送っている。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

ロンバルディア杯3連覇を達成、地元メディア「ショウマ・ウノが順当に優勝」

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア)は15日、男子フリーでショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が172.05点をマークし、合計276.20点で優勝。貫禄の3連覇を達成した平昌五輪銀メダリストに対し、地元のイタリアメディアも「超高難度を滑り切り“定位置”の優勝」と賛辞を送っている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

「ショウマ・ウノが順当に優勝」と見出しを打って特集したのは、イタリアのスポーツ専門メディア「OAスポーツ」だった。

 新プログラムの「月光」を演じた宇野について、記事では「ショウマ・ウノが超高難度な技術構成であるフリープログラムを滑り切り“定位置”である優勝についた」と大本命が堂々とお決まりの表彰台の真ん中に立ち、3連覇を達成したことに敬意を払っている。

 ジャンプに転倒などが出たことに触れながらも「こうしたミスがあったが、トータルで276.20点マークし、優勝を達成した。これらのミスも、シーズン初陣という時期から考えると理解できるものである」と今季初戦とあって及第点と評価し、理解を示していた。

 演技後には2位のドミトリー・アリエフ(ロシア)が自身のインスタグラムで、宇野の大あくびの瞬間を“激写”した写真とともに「おめでとう、ショウマ」とユーモアたっぷりの祝福を送っていたが、今季も宇野らしさを存分に発揮しながら、銀盤で輝きを放つ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー