[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂、驚異の粘りにキーズも脱帽「ブレークポイントの度に信じられないショットを…」

大坂、驚異の粘りにキーズも脱帽「ブレークポイントの度に信じられないショットを…」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは6日(日本時間7日)、女子シングルス準決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同14位で前年準優勝のマディソン・キーズ(米国)に6-2、6-4のストレート勝ち。日本女子史上初のグランドスラム勝進出の快挙を成し遂げた。大会公式ツイッターはサービスエースで決めた勝利の歴史的瞬間を動画付きで公開。敗れたキーズは「正直なところ、今夜の彼女が私よりも良いプレーをしたということは間違いないわ」と脱帽している。

試合後、健闘を称え合う大坂なおみとマディソン・キーズ【写真:田口有史】
試合後、健闘を称え合う大坂なおみとマディソン・キーズ【写真:田口有史】

大坂に対して3戦3勝だった前年準Vも認めた完敗「私より良いプレーをしたことは間違いない」

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは6日(日本時間7日)、女子シングルス準決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同14位で前年準優勝のマディソン・キーズ(米国)に6-2、6-4のストレート勝ち。日本女子史上初のグランドスラム勝進出の快挙を成し遂げた。大会公式ツイッターはサービスエースで決めた勝利の歴史的瞬間を動画付きで公開。敗れたキーズは「正直なところ、今夜の彼女が私よりも良いプレーをしたということは間違いないわ」と脱帽している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大坂が圧倒的な強さでグランドスラムファイナルに辿り着いた。

 マッチポイント。大坂が放った渾身の弾丸サーブがキーズを襲い、ミスショットを呼んだ。大坂、勝利――。涙はない。20歳の顔にみるみる笑顔が広がった。客席では家族、コーチが抱き合い、歓喜に酔いしれた。アーサー・アッシュスタジアムはこの瞬間、大坂を称えるための空間になった。

 日本女子史上初の4大大会決勝進出の瞬間を大会公式ツイッターは「ナオミ・オオサカの快進撃は止まらない!」とつづり、動画付きで公開。世界のファンにインパクトを与えていたが、敗れたキーズは大坂の粘り強さに脱帽している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー