[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂、勝利直後の“ナオミ節”に会場喝采「おかしく聞こえるかもしれないけど…」

大坂、勝利直後の“ナオミ節”に会場喝采「おかしく聞こえるかもしれないけど…」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは6日(日本時間7日)、女子シングルス準決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同14位で前年準優勝のマディソン・キーズ(米国)に6-2、6-4のストレート勝ち。日本女子史上初のグランドスラム決勝進出の快挙を成し遂げた。勝利のインタビューでは、決勝での対戦が決まった女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)への愛情を露わにするナオミ節を炸裂させ、観衆から大歓声を浴びた。

勝利のインタビューでナオミ節を炸裂させ、観衆から大歓声を浴びた大坂なおみ【写真:Getty Images】
勝利のインタビューでナオミ節を炸裂させ、観衆から大歓声を浴びた大坂なおみ【写真:Getty Images】

勝利インタビューで披露した“セリーナ愛”に地元ファンから拍手

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは6日(日本時間7日)、女子シングルス準決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同14位で前年準優勝のマディソン・キーズ(米国)に6-2、6-4のストレート勝ち。日本女子史上初のグランドスラム決勝進出の快挙を成し遂げた。勝利のインタビューでは、決勝での対戦が決まった女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)への愛情を露わにするナオミ節を炸裂させ、観衆から大歓声を浴びた。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 圧倒的な強さで前年準優勝のキーズを倒し、日本人女子史上初となるグランドスラム決勝に進出した大坂。地元アメリカの実力者を倒しながら、天真爛漫なシンデレラガールはニューヨーカーの心を鷲掴みにしていた。試合後のオンコートインタビューの場面だった。

「13度あった(相手の)ブレークポイントですが、13回凌ぎました。どのように成し遂げたんですか?」

 こうマイクを向けられた大坂は「オー」と一言放つと満面の笑み。「おかしく聞こえるかもしれないけれど、私は本当にセリーナとプレーしたかったの」と笑みをこぼしながら話すと、スタンドからは割れんばかりの歓声が沸き起こった。さらに、セリーナに対しても「大好きよ」とメッセージを送り、ファンを笑わせていた。

 米国で育った大坂は常々、幼少時から女王セリーナがアイドルだったと告白している。海外メディアからは「ベイビー・セリーナ」と異名をつけられたこともある。晴れの舞台で女王への愛情を炸裂させる「ナオミ節」で、地元ファンの心をがっちりと鷲掴みにした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー