[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “ジャパンパワー”錦織&大坂を伊紙特集 ナオミ語録に脚光、錦織には「拍手すべき」

“ジャパンパワー”錦織&大坂を伊紙特集 ナオミ語録に脚光、錦織には「拍手すべき」

テニスの全米オープンは5日(日本時間6日)、シングルス準々決勝が行われ、男子では世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が同7位のマリン・チリッチ(クロアチア)に2-6、6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。女子も同19位の大坂なおみ(日清食品)が同36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6-1、6-1で破った。日本テニス史上初となる4大大会でのアベック4強入り。1995年のウィンブルドンで伊達公子と松岡修造が記録していたベスト8同時進出という記録を塗り替える偉業に、イタリアメディアも「ジャパンパワー」と称賛している。

日本テニス史上初となる4大大会でのアベック4強入りを果たした錦織圭と大坂なおみ【写真:Getty Images】
日本テニス史上初となる4大大会でのアベック4強入りを果たした錦織圭と大坂なおみ【写真:Getty Images】

史上初の快挙成し遂げた両選手を伊紙が特集

 テニスの全米オープンは5日(日本時間6日)シングルス準々決勝が行われ、男子では世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が同7位のマリン・チリッチ(クロアチア)に2-6、6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。女子も同19位の大坂なおみ(日清食品)が同36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6-1、6-1で破った。日本テニス史上初となる4大大会でのアベック4強入り。1995年ウィンブルドンの伊達公子と松岡修造のベスト8同時進出という記録を塗り替える偉業に、イタリアメディアも「ジャパンパワー」と称賛している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

「ジャパンパワー オオサカとニシコリが準決勝」と報じたのはイタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」だった。

 1時間足らずでツレンコを撃破した大坂について、記事では「ナオミは20歳。思春期に米国にやってきた。日本語はよく理解しているが、完璧な英語を話す。大会で残っている選手で最年少」と紹介。そして、過去の大会でシャラポワ、ハレプら実力者を次々に倒していた実力を取り上げながら、「ウィットに富んでいる」と観衆を魅了する天真爛漫なインタビューにも注目している。

「今日の一番の誇り? ラケットを壊さなかったこと。自分の中では、凄く恐怖を感じていた。コートに入る前に震えていたの」という試合後のコメントを紹介。歴史的な熱波で選手は疲弊しているが、「私は汗をかくのが好き。フロリダに住んでいるから、慣れているの」とどこ吹く風だった様子も伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー