[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平の「素晴らしい発射角度」 40度の高弾道弾に解説者も大興奮「驚くべき!」

大谷翔平の「素晴らしい発射角度」 40度の高弾道弾に解説者も大興奮「驚くべき!」

エンゼルス大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席で2試合連続となる17号ソロを放ち、松井秀喜(ヤンキース)の1年目の16本を上回ると、8回の第5打席でも右翼へ18号2ランを放った。自身2度目の1試合2発で、2006年の城島健司(マリナーズ)に並ぶ日本人野手のMLB1年目の最多本塁打記録をマーク。圧巻の18号弾の瞬間を現地実況席は興奮気味に伝えている。

エンゼルス・大谷の圧巻の18号弾の瞬間を現地実況席は興奮気味に伝えた【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷の圧巻の18号弾の瞬間を現地実況席は興奮気味に伝えた【写真:Getty Images】

右肘の不安を感じさせない2発に現地実況席も大興奮

 エンゼルス大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席で2試合連続となる17号ソロを放ち、松井秀喜(ヤンキース)の1年目の16本を上回ると、8回の第5打席でも右翼へ18号2ランを放った。自身2度目の1試合2発で、2006年の城島健司(マリナーズ)に並ぶ日本人野手のMLB1年目の最多本塁打記録をマーク。圧巻の18号弾の瞬間を現地実況席は興奮気味に伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 5回に右翼席へと17号ソロ弾を叩き込んだ怪物。そして8回だ。1死一塁での第5打席。右腕バトラーの真ん中高めの88マイル(約142キロ)を再び高々と打ち上げると、右翼スタンドの最前列へ飛び込む18号2ラン。この日4打数4安打の大暴れだった。これで2試合で3本塁打。シーズン終盤で量産体制に入り、20号の大台も目前に迫ってきた。

 1本目に続き高々と舞い上がったこの日2本目を、エンゼルス戦の中継を行う地元局「FOXスポーツ・ウエスト」の実況席も大興奮で伝えている。

「ライト・フィールドへ高く飛んで行く、面白い事にまたマザラ(右翼手)がフェンスの方に下がって行く、これは入った!大きな一発オオタニさん。見たかヘイターズ(アンチ大谷)!」と実況は絶叫。アンチを黙らせる一発を誇らしげに伝えると、解説の球団OB右腕マーク・グビザ氏も驚愕ぶりが隠せなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー