[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織は「ジョコビッチを待つ」、大坂は「キミコ・ダテ以来」 初快挙を海外続々報道

錦織は「ジョコビッチを待つ」、大坂は「キミコ・ダテ以来」 初快挙を海外続々報道

テニスの全米オープンは5日(日本時間6日)シングルス準々決勝が行われ、男子では世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が同7位のマリン・チリッチ(クロアチア)に2-6、6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。女子も同19位の大坂なおみ(日清食品)が同36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6-1、6-1で破った。日本テニス史上初となる4大大会でのアベック4強入り。イタリアメディアからは快進撃を続ける男女の両エースへの賛辞が相次いでいる。

快進撃を続ける男女の両エース錦織圭と大坂なおみ【写真:Getty Images】
快進撃を続ける男女の両エース錦織圭と大坂なおみ【写真:Getty Images】

日本テニス界初の快挙をイタリアメディアが次々報道

 テニスの全米オープンは5日(日本時間6日)シングルス準々決勝が行われ、男子では世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が同7位のマリン・チリッチ(クロアチア)に2-6、6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。女子も同19位の大坂なおみ(日清食品)が同36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6-1、6-1で破った。日本テニス史上初となる4大大会でのアベック4強入り。イタリアメディアからは快進撃を続ける男女の両エースへの賛辞が相次いでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「ナオミ・オオサカはもう止まらない! 2セットの6-1でセミファイナルへ」と報じたのは衛星放送局「ユーロスポーツ」イタリア版だった。

「日本人がウクライナのツレンコをわずか57分で撃破する。もうすぐ21歳になるナオミは、グランドスラムを駆け上がり、自身キャリア史上のベストランキングも手に入れた」

 記事では来月21歳を迎える大坂が4強進出で現在の世界ランク19位から更なるジャンプアップを果たすことを確実視している。

 錦織についても「ニシコリ、復讐を果たした! チリッチ敗退、セミファイナルでジョコビッチを待つ」と題して特集。「試合の運命は5セット目の約15分ほどで決まった。チリッチがミスする中、ニシコリはコート奥から冴え渡っていた。6-4で決まったとき、喜びの嘆息を見せた。日本人が男女ともにセミファイナルへ進出するのは史上初めてのことだ」と伝えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー