[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織は「ジョコビッチを待つ」、大坂は「キミコ・ダテ以来」 初快挙を海外続々報道

「日出ずる国からセミファイナリストが出たのはキミコ・ダテが最後」

 また「復讐は冷やして食べるのが美味しい」という、日本が舞台となった映画「キル・ビル」に出てきたフランスの諺(ことわざ)を引用し、「しっかりテニス上で返した」と2014年の決勝の逆襲に成功したことを独特の表現で称賛していた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が運営するスポーツサイト「ガッザネット」も「ナオミ・オオサカがツレンコを2セットで下し、セミファイナルへ飛翔」と大坂の躍動ぶりをレポートしている。

「フラッシング・メドウ・パークで20歳の日本人女子がツレンコを破る。これまでの歴史にないことだ。日出ずる国から女子シングルスのセミファイナリストが出たのは1996年ウィンブルドンのキミコ・ダテが最後である」として伊達公子以来22年ぶりのグランドスラム4強進出であることを紹介している。

 遠く離れた欧州からも熱視線を浴びている2人の快進撃は、どんな結末を迎えるのか。準決勝は7日(日本時間8日)に行われる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集