[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんな一発見たことない! 計測史上最長の153.9m弾にファン驚愕「これはアンフェア」

こんな一発見たことない! 計測史上最長の153.9m弾にファン驚愕「これはアンフェア」

米大リーグで信じられない飛距離の本塁打が生まれた。ロッキーズのトレバー・ストーリー内野手が、本拠地ジャイアンツ戦で1試合3連発をマーク。中でも4回の第2打席で放った一発は驚愕の505フィート(約153.9メートル)弾。MLB解析システム「スタットキャスト」によると、計測を開始した2015年以降では最長の一発となった。球団の公式ツイッターが動画を公開。ファンに衝撃を与えている。

ロッキーズのトレバー・ストーリー【写真:Getty Images】
ロッキーズのトレバー・ストーリー【写真:Getty Images】

ロッキーズの主砲ストーリーがスタットキャスト計測史上最長の153.9m弾放つ

 米大リーグで信じられない飛距離の本塁打が生まれた。ロッキーズのトレバー・ストーリー内野手が、本拠地ジャイアンツ戦で1試合3連発をマーク。中でも4回の第2打席で放った一発は驚愕の505フィート(約153.9メートル)弾。MLB解析システム「スタットキャスト」によると、計測を開始した2015年以降では最長の一発となった。球団の公式ツイッターが動画を公開。ファンに衝撃を与えている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 大谷がテキサスで自身2度目の2発をマークしていた頃、ナショナル・リーグでも驚愕の本塁打ショーが開催されていた。主役はロッキーズの主砲ストーリーだった。初回に29号弾を放つと、1点を追う4回の第2打席だ。左腕スアレスのカウント1-1からの3球目。92.2マイル(約148.3キロ)の内角低めのフォーシームをしばき上げた。

 あっという間に打球は左翼席最上段のさらに上のコンコースまで到達。一瞬ボールの行方がわからなくなるほど、凄まじい打球の30号の同点ソロアーチだった。

 球団は公式ツイッターに「あなたがこの話を以前に聞いた事ない事を知っています!505フィート!」とつづり、驚弾を公開。ファンも衝撃を受けている。

「ボールの衝撃音が異常だよ!」
「信じられない!」
「オーイエス!その調子だトレバー」
「レジェンド・ストーリー」
「この球は俺の家の屋根に落ちてきそう」
「これはアンフェアだよ」
「まだボールが落ちてくるのを待ってるんだ」
「会場で観戦してたけど、凄かった!」

 衝撃の一撃の次の打席でも左翼席に勝ち越しの31号ソロを放った25歳のストーリー。スタットキャスト史上最長弾を含む3連発で勝利に花を添えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー