[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチロー、劇的な凱旋弾も 同僚は“敬意”の平然「彼はキング」「彼なら当然」

マーリンズのイチロー外野手は19日(日本時間20日)、かつての本拠地セーフコ・フィールドで行われたマリナーズ戦の9回、最終打席に今季1号本塁打を放った。なんともドラマチックな演出を見せた43歳だが、チームメートは「彼なら当然」と称賛している。MLB公式サイトが報じた。

イエリッチ「彼なら当然」、捕ったファン興奮、イチローは“再凱旋”希望

 マーリンズのイチロー外野手は19日(日本時間20日)、かつての本拠地セーフコ・フィールドで行われたマリナーズ戦の9回、最終打席に今季1号本塁打を放った。マーリンズの一員として初の凱旋シリーズを美しいアーチで締めくくるという、なんともドラマチックな演出を見せた43歳だが、チームメートは「彼なら当然」と称賛している。MLB公式サイトが報じた。

 3連戦の3戦目。6点を追う9回の第4打席、イチローは先頭打者として大きな拍手の中で迎えられ、「イチローコール」も起こる中で右腕・マーシャルの初球を強振すると、打球は右中間席に飛び込んだ。この時ばかりは敵地も大歓声に包まれ、再び大きな「イチローコール」が沸き起こった。

 マリナーズ時代、輝かしいプレーを見せてきた古巣でアーチを描いたイチローについて、MLB公式サイトは「イチローはいつもセーフコ・フィールドの観客を興奮させてきた。それは、もしかするとMLBでのキャリアで最後となるかもしれない今回の凱旋でも変わらなかった」と記述。「これは忘れられない特別な一打になりますね」という本人のコメントを紹介したが、チームメートは「イチローならば当然」と受け止めていたようだ。

 イエリッチは「彼が打った時はベンチに座っていたんだけど、『彼なら当然』という感じだったね。他に何を期待すればいいんだ?」と話したといい、数々の記録を打ち立ててきた日本のレジェンドに敬意を示している。

 記事ではイチローがベースを一周する際に、敵軍のロビンソン・カノとカイル・シーガーがアイコンタクトを送り、観客もスタンディングオベーションとなり、イチローがダグアウトに消えてからも「イチローコール」が続いたことを紹介している。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集