[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • カナダの19歳のスポーツマンシップが「美しい」 途中棄権の親友との抱擁に米紙脚光

カナダの19歳のスポーツマンシップが「美しい」 途中棄権の親友との抱擁に米紙脚光

テニスの4大大会最終戦全米オープンが開幕。男子シングルス1回戦で、あるカナダ選手の対戦相手への振る舞いが称賛を浴びている。怪我により、試合続行が不可能となった親友を優しく抱擁するシーンに米メディアが脚光を浴びせている。

世界ランク28位デニス・シャポバロフ【写真:Getty Images】
世界ランク28位デニス・シャポバロフ【写真:Getty Images】

シャポバロフが棄権した相手を抱擁し慰めるシーンが「美しい」と話題に

 テニスの4大大会最終戦全米オープンが開幕。男子シングルス1回戦で、あるカナダ選手の対戦相手への振る舞いが称賛を浴びている。怪我により、試合続行が不可能となった親友を優しく抱擁するシーンに米メディアが脚光を浴びせている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 現地時間27日に行われた19歳の世界ランク28位デニス・シャポバロフ(カナダ)と、18歳のフェリックス・オーガー・アリアシム(同)の1回戦。カナダの10代対決ということでも注目を集めていた一戦だった。

 1-1で迎えた第3セット。シャポバロフが4-1でリードした場面で、アリアシムが怪我のために試合を棄権することに。悔しさのあまり涙が止まらない。そんな姿を見たシャポバロフはそっと歩み寄ると、優しく抱擁し慰めたのだ。

 さらに感極まった18歳は途中、膝に手をつき動けなくなるが、1歳上のシャポバロフは再び肩をさすりながら、何事か声をかけている。そして拍手をしながら、観客の方を向いて、アリアシムを称えるように呼び掛けたのだ。

 10代にして、なんという素晴らしい振る舞いなのだろうか。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「FOR THE WIN」は「全米オープン、怪我で途中棄権する選手と涙の抱擁シーン」と題して、2人の一連のシーンを特集している。

 両選手が友人同士であることを紹介した上で、「全米オープン1回戦で対した両者だが、オーガー・アリアシムが怪我のため試合を終えなければいけなかった。彼の心は傷ついた。シャポバロフは彼のそばに行き抱きしめた」とレポートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー