[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 左翼から162キロレーザー! 26歳新鋭の“鬼肩”に実況興奮「なんというスロー」

左翼から162キロレーザー! 26歳新鋭の“鬼肩”に実況興奮「なんというスロー」

米大リーグで外野手が100マイル(約161キロ)超えの送球で走者を刺し、話題を呼んでいる。ツインズのエディ・ロサリオ外野手が左翼からレーザービームを披露。本塁でクロスプレーでアウトにする瞬間をMLB動作解析システム「スタットキャスト」の公式ツイッターが公開している。

ツインズのエディ・ロサリオ【写真:Getty Images】
ツインズのエディ・ロサリオ【写真:Getty Images】

ツインズのロサリオの左翼から“100マイルスロー”が話題

 米大リーグで外野手が100マイル(約161キロ)超えの送球で走者を刺し、話題を呼んでいる。ツインズのエディ・ロサリオ外野手が左翼からレーザービームを披露。本塁でクロスプレーでアウトにする瞬間をMLB動作解析システム「スタットキャスト」の公式ツイッターが公開している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 これぞメジャー、これぞレーザーだ。23日(日本時間24日)のアスレチックス戦、2点をリードした5回の守り。2死一、二塁で打者セミエンの打球は左前にふらふらと落ちた。当然のように二塁走者オルソンは三塁を蹴って本塁へ突入した。

 猛チャージをかけ、ワンバウンドで打球を処理した左翼のロサリオ。捕球から、大きなモーションでバックホームした。送球はわずかに高かったが、クロスプレーの末にオルソンはタッチアウト。見事な補殺でチームの危機を救ってみせたのだ。

 圧巻のロサリオの送球を、「スタットキャスト」が「エディ・ロザリオは今夜、マット・オルソンに対して100点満点の送球を見せた」とつづり動画で公開。「100.6マイル(約162キロ)。これはツインズの外野手のキャリアの中でも最も難易度の高いスローイングの一つだ」と説明を加えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー