[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 21歳ルーキーの速球がエグイ! 最速166キロで3連続見逃しK締めにファン「衝撃的」

21歳ルーキーの速球がエグイ! 最速166キロで3連続見逃しK締めにファン「衝撃的」

米大リーグの若き速球王がまたスピードボールで驚かせている。カージナルスのルーキー、ジョーダン・ヒックス投手が22日(日本時間23日)のドジャース戦の9回に登板。102マイル(164キロ)~103マイル(約166キロ)のファストボールを連発し、3者連続三振に仕留めた。圧巻の3連続見逃し三振の瞬間を、MLBが動画付きで紹介。ファンの度肝を抜いている。

カージナルスのヒックス【写真:Getty Images】
カージナルスのヒックス【写真:Getty Images】

カージナルスのヒックスが166キロのシンカー披露、9回11球で3連続K締め

 米大リーグの若き速球王がまたスピードボールで驚かせている。カージナルスのルーキー、ジョーダン・ヒックス投手が22日(日本時間23日)のドジャース戦の9回に登板。102マイル(164キロ)~103マイル(約166キロ)のファストボールを連発し、3者連続見逃し三振に仕留めた。圧巻の一部始終をMLBが動画付きで紹介。ファンの度肝を抜いている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 2点リードの9回にマウンドに上がったヒックス。圧巻の11球で衝撃を与えた。まずは先頭の左打者ベリンジャーに対しては、ウント1-2からの4球目。ひざ元への102マイルにバットはピクリとも動かない。これで1死。続くは右のドージャー。再びカウント1-2からの4球目は、102マイルをインコースへ。ドージャーは手が出なかった。

 仕上げは右のテイラー。2球で追い込んでの3球目だ。今度はアウトローへこの日最速103.1マイルをズバリと投げ込んだ。またしてもバットは動かない。3者連続見逃し三振で見事に試合をクローズした。

「102、102、103、冗談でしょ? 見てるだけでいいや」

 MLBはこうつづり、凄まじい威力のファストボールを公式ツイッターで動画を動画を公開。ファンからは「ヒックスはバカげている、彼が自分の好きなチームの選手で良かった」「これは熱い!」「衝撃的だ」など驚愕のコメントが殺到する一方で、「ウインドウ・ショッピングのようだ」と、手が出なかった打者を揶揄する声もあった。

 圧巻の投球で5セーブ目を挙げたヒックス。今季105マイル(約169キロ)を計測し、170キロ到達も時間の問題と言われる21歳のこれからが楽しみだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー