[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 金足農・吉田は5試合749球熱投で決勝へ、大阪桐蔭は春夏連覇王手…甲子園第15日の結果

金足農・吉田は5試合749球熱投で決勝へ、大阪桐蔭は春夏連覇王手…甲子園第15日の結果

第100回全国高校野球選手権記念大会第15日は20日、準決勝2試合が行われ、決勝のカードが決まった。金足農(秋田)は日大三(西東京)を2-1で破り、初の決勝進出。秋田勢にとっても第1回大会の秋田中(現秋田)以来、実に103年ぶりの決勝進出となった。

第100回全国高校野球選手権記念大会第15日は20日、準決勝2試合が行われた
第100回全国高校野球選手権記念大会第15日は20日、準決勝2試合が行われた

第15日は準決勝2試合、金足農は初の決勝、大阪桐蔭は春夏連覇王手

 第100回全国高校野球選手権記念大会第15日は20日、準決勝2試合が行われ、決勝のカードが決まった。金足農(秋田)は日大三(西東京)を2-1で破り、初の決勝進出。秋田勢にとっても第1回大会の秋田中(現秋田)以来、実に103年ぶりの決勝進出となった。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 今大会注目度NO1のドラフト候補右腕・吉田輝星(3年)は134球で1失点完投。三振こそ7個にとどまり、2ケタ奪三振は4試合連続でストップしたが、5試合オール完投で、総投球数は749球。決勝戦は限界を超えての投球となりそうだが、魂の熱投を見せられるか

 打線は初回に4番・打川和輝(3年)の左前打で先制。5回には5番・大友朝陽(3年)の適時打で追加点と、中軸が勝負強さを発揮。日大三の反撃をしのぎ切った。

 大阪桐蔭(北大阪)は済美(愛媛)に5-2で勝利。先制を許したが、2回に追いつくと、同点とされた5回に石川瑞貴(3年)の2点適時打などで3点を勝ち越し。藤原恭大(3年)、根尾昂(3年)の後を打つ6番打者が輝いた。

 投げては最速151キロ右腕・柿木蓮(3年)が2失点完投。盤石の内容で、史上初となる2度目の春夏連覇に王手をかけた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー