[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 名手カリーも仰天!? 3点シュートの“120秒の奇跡”に海外喝采「144点。悪くないね」

名手カリーも仰天!? 3点シュートの“120秒の奇跡”に海外喝采「144点。悪くないね」

米国でNBAプレーヤーもびっくりの“3ポイント世界記録”が生まれた。2分間に何本の3点シュートを決められるか。これで一般男性が48本という記録を打ち立て、ギネス記録に認定された。ギネスワールドレコードは“120秒の奇跡”を動画付きで紹介。「彼が次なるレブロン・ジェームズ、あるいはマイケル・ジョーダンになったりして」などと喝采が沸き起こっている。

名手カリーも仰天(?)の記録が打ち立てられた【写真:photolibrary】
名手カリーも仰天(?)の記録が打ち立てられた【写真:photolibrary】

米一般男性が「2分間の3点シュート成功”でギネス認定「次なるレブロンに…」

 米国でNBAプレーヤーもびっくりの“3ポイント世界記録”が生まれた。2分間に何本の3点シュートを決められるか。これで一般男性が48本という記録を打ち立て、ギネス記録に認定された。ギネスワールドレコードは“120秒の奇跡”を動画付きで紹介。「彼が次なるレブロン・ジェームズ、あるいはマイケル・ジョーダンになったりして」などと喝采が沸き起こっている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 3ポイントの名手カリーも仰天(?)の記録を打ち立てたのは、米国の一般男性ケイシー・ファウラーさんだ。ギネスワールドレコードは公式Youtubeチャンネルで快挙達成の瞬間を紹介している。

 体育館のバスケットコートでゴール正面の3ポイントラインの手前に立ったファウラーさん。赤のTシャツに黒の短パン姿で“世界記録”に挑んだ。ブザーの音とともにスタート。補助の男性から球を受け、次々とシュートを放っていく。しかし、だ。1度目、2度目と連続してリングに嫌われてしまった。記録達成は厳しいか――。ただ、ここからが凄かった。

 3度目に初ゴールを決める。すると、次から次へと吸い込まれる。リングに当たることなく、18本連続ゴール。まるで精密機械のように同じフォームで打ち続ける。ボールは5つしかないため、2人が拾い、1人がかごに入れ、そこから補助の男性が渡す。計5人のチームワークも重要だ。30本、40本と決めてもペースは落ちない。そして、2分のブザー終了目前に48本目を入れた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー