[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平は逆方向マニア!? 12本塁打中8本が中堅から左翼、“逆方向率”は驚異の.667

大谷翔平は逆方向マニア!? 12本塁打中8本が中堅から左翼、“逆方向率”は驚異の.667

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平はここまで12本塁打を放っている。うち実に8本が中堅から左翼方向。左打者の大谷にとってはいわゆる逆方向への一撃だ。投手としては右ひじを痛めて登板していないが、左のスラッガーとして中軸に座り衝撃を残し続けている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の12発中8発が中堅から左方向への一発、137mの最長弾も

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平はここまで12本塁打を放っている。うち実に8本が中堅から左翼方向。左打者の大谷にとってはいわゆる逆方向への一撃だ。投手としては右ひじを痛めて登板していないが、左のスラッガーとして中軸に座り衝撃を残し続けている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 8日(日本時間9日)のタイガース戦は苦手の左腕が先発だったため、6試合ぶりにスタメンを外れ、最後まで出番はなかったが、8月は20打数8安打3本塁打7打点と絶好調だ。

 ここでは大谷の逆方向への8本塁打全てを振り返ってみたい。

〇4/4インディアンス戦
・打球速度 100マイル(約161キロ)
・角度 26度
・推定飛距離 400フィート(約122メートル)

 メジャー1号から2戦連発となる2号弾は、昨季のサイ・ヤング賞右腕コーリー・クルーバーの外寄りの直球を中堅左に放り込んだ。「ショウヘイ・オオタニ」の存在を強烈に印象付ける豪快な2号弾だった。

〇4/6 アスレチックス戦
・打球速度 112.4マイル(約181キロ)
・角度 26度
・推定飛距離 449フィート(約137メートル)

 圧巻の3連発の3発目も逆方向への一発。相手先発ゴゼットのツーシームを中堅の左へ運ぶ圧巻の137メートル弾は、ここまでの12本の中で最長飛距離。

〇5/10 ツインズ戦
・打球速度 108.7マイル(約175キロ)
・角度 32度
・推定飛距離 414フィート(約126メートル)

 ヒルデンバーガーの外寄りの91マイル(約147キロ)外角球を中堅左へと運ぶ5号ソロ。

〇5/17 レイズ戦
・打球速度 102.8マイル(約165キロ)
・角度 28度
・推定飛距離 411フィート(約125メートル)

 右腕プルイットからの6号弾も中堅左への125メートル弾。完封負けを阻止する一発となった。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー