[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を「見逃してはいけない」 同僚が存在感絶賛「スペシャルな事やってくれる」

4安打3打点1盗塁と大爆発し、チームの勝利に貢献したエンゼルス・大谷翔平を、チームメートのアンドレルトン・シモンズ内野手も「彼を見逃してはいけないよ」と絶賛している。地元紙が伝えている。

自身初の1試合2発を記録したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
自身初の1試合2発を記録したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2発含む4安打3打点の大谷を監督&チームメートが絶賛

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)の敵地インディアンス戦に「3番・DH」で3試合ぶりに先発出場。初回の第1打席には逆方向へ先制10号2ラン、3回の第2打席では右中間に特大の11号ソロを放つなど、左右に打ち分け自身初の1試合2発を記録。4安打3打点1盗塁と大爆発し、チームの勝利に貢献した大谷を、チームメートのアンドレルトン・シモンズ内野手も「彼を見逃してはいけないよ」と絶賛している。地元紙が伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 メジャー初の3番に座った大谷が快音を連発した。初回にインディアンスの先発右腕クレビンジャーから左翼方向へ高々と舞い上がる先制10号2ランを放つと、3回1死の第2打席では真ん中付近の94マイル(151キロ)を完璧に捉え、右中間席の中段まで運んだ。2打席連続の11号同点ソロは飛距離約135メートルの特大の一撃だった。

 米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「ショウヘイ・オオタニ、7-4で勝利の一戦において、2HRでクリーブランドを沸かす」と見出しを打って、レポートしている。

「オオタニの2本目にエンゼルスのダグアウトは度肝を抜かれた」

 記事ではこう伝え、ソーシア監督のコメントを紹介している。

「我々がこのスタジアムで見たホームランの中でも、最も遠くまで飛んだ1本だろう」

 一方で、同紙によると指揮官が強いインパクトを受けたのは、左翼方向への1本目だったという。

「このスタジアムのあの位置まで飛ばすのは相当。(フェンウェイ・パークの)グリーンモンスターに似ているが、普通に距離もあり、あそこほど狭くない。力強く当てないとあの位置には飛ばない。彼はまるで右打席に立つプルヒッターのように打ったよ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集