[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • まさかの24点差死球で乱闘発生!? 米ファン笑撃「25-1は間違い?」「いえ、本当です」

まさかの24点差死球で乱闘発生!? 米ファン笑撃「25-1は間違い?」「いえ、本当です」

米大リーグで大差をつけられ、登板した野手が実に54マイル(約87キロ)という超スローボールで死球を献上。当てられた打者は敢えて乱闘の振りを演じるなどユーモアあふれる展開となった。実に24点差がついた場面で発生した喜劇の一部始終をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開。米ファンに「故障者リスト入りへ(多分)」「これこそ私が野球を愛している理由だ」「25-1というのは間違い?」と笑撃が走っている。

ナショナルズのライアン・ジマーマン【写真:Getty Images】
ナショナルズのライアン・ジマーマン【写真:Getty Images】

大量ビハインドで登板の内野手、1-25の場面で超遅87キロ死球…一触即発の事態に!?

 米大リーグで大差をつけられ、登板した野手が実に54マイル(約87キロ)という超スローボールで死球を献上。当てられた打者は敢えて乱闘の振りを演じるなどユーモアあふれる展開となった。実に24点差がついた場面で発生した喜劇の一部始終をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開。米ファンに「故障者リスト入りへ(多分)」「これこそ私が野球を愛している理由だ」「25-1というのは間違い?」と笑撃が走っている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 スタジアムの誰もが目が点になった。まさかの“珍死球”が生んだのは、メッツの内野手、レイエスだ。31日(日本時間8月1日)のナショナルズ戦、初回の7失点を口火に5回までに19点を失う惨憺たる内容。そして、1-19で迎えた8回に7番手として送られたのが35歳のベテラン内野手だった。しかし、2本の本塁打などで6点を失い、1-25で迎えた2死三塁の場面だった。

 打者10人目で迎えたジマーマンに対し、カウント1-2から投じたこの回45球目はゆったりとした腕の振りから放たれ、ふんわりとしたスローボールに。表示されたのは、ある意味驚愕の54マイル(約87キロ)。しかし、ストライクゾーンから大きく外れ、右打席のジマーマンの左太ももに当たってポトリと転がった。「Oh…」とスタジアムをどよめきが包んだ

 ジマーマンは「ちっともいたくないぜ」と言わんばかりにお尻を振ったかと思うと、次の瞬間だ。マウンドのレイエスの方向を向くと、鬼の形相で走り出そうとしたのだ。なんと乱闘を演じようとするのか……と思いきや、これは振りだけ。すぐに笑みを浮かべ、一塁へ歩きいた。まさかのジョークにレイエスも苦笑いを隠せず、実況も笑い声を上げていた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー