[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マスターズ衝撃制覇から20年― タイガー・ウッズに復活の陽は上るのか

男子ゴルフのマスターズが現地時間6日(日本時間7日)、米ジョージア州オーガスタで開幕する。しかし、今年の四大メジャー初戦を争うメンバーにゴルフ界のレジェンドはいない。タイガー・ウッズ(アメリカ)だ。大会直前の31日に腰の状態が万全ではないため、欠場すると発表した。ウッズにとっては97年に史上最年少の21歳3か月で制し、伝説的なゴルフ人生の出発点となった思い出の大会。ファンにとっては落胆する結果となったが、衝撃制覇から20年の節目に米メディアが特集を組んでいる。

「ゴルフ界の未来変えた」、初Vから20年で米メディア特集、褪せないウッズの足跡

 男子ゴルフのマスターズが現地時間6日(日本時間7日)、米ジョージア州オーガスタで開幕する。しかし、今年の四大メジャー初戦を争うメンバーにゴルフ界のレジェンドはいない。タイガー・ウッズ(アメリカ)だ。大会直前の31日に腰の状態が万全ではないため、欠場すると発表した。ウッズにとっては97年に史上最年少の21歳3か月で制し、伝説的なゴルフ人生の出発点となった思い出の大会。ファンにとっては落胆する結果となったが、衝撃制覇から20年の節目に米メディアが特集を組んでいる。

「20年前、タイガー・ウッズがマスターズに堂々と現れた」と報じたのは、米紙「ニューヨーク・タイムズ」だ。

 ウッズが初のプロとしてフル参戦となった97年。「ツアー1年目の選手もベテランもタイガー・ウッズの引き立て役でしかなかった。この年に挙げた4勝のうち、12打差で制したマスターズも含まれている」と鮮烈デビューを振り返っている。

 あれから時を経て、メジャー通算14勝を積み重ねたウッズは41歳となった。記事では「20年がたった今、当時21歳だったウッズがメジャーデビュー戦として出場してオーガスタに現れたことは、忘れられがちだ」と敬意を払い、「彼が14度のメジャー勝利を飾ることを予言していた唯一の人物は、父であるアール・ウッズだ」と述べ、父のアール氏の先見の明を紹介している。

 さらに、米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」のロバート・ダムロン氏の「当時の感情は、あんなに支配的なゴルフをしたのは、ジャック・ニクラス以来だろう、ということだね」とのコメントを記述。メジャー通算18勝を挙げた史上最高のゴルファーを引き合いに出し、いかに衝撃的なデビューだったことを伝えている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集