[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • どっちが凄い? 一塁手の股割り&寝そべり美技にMLB脚光「2つのクレージーなプレー」

どっちが凄い? 一塁手の股割り&寝そべり美技にMLB脚光「2つのクレージーなプレー」

米大リーグで27日(日本時間28日)、一塁手の2つのスーパー捕球が炸裂。美しい“股割り捕球”と泥臭い“寝そべり捕球”という対照的なプレーを「2つのクレイジーなプレー。どちらがより良いプレー?」」と題して動画を公開し、ファンに呼びかけると「「驚くべきプレーだね」「両方とも素晴らしいよ」「あなたたちを誇りに思う」などと“魂の捕球”に喝采が起こっている。

グズマン(左)とピアース(右)が演じた美技をMLBが公開した【写真:Getty Images】
グズマン(左)とピアース(右)が演じた美技をMLBが公開した【写真:Getty Images】

グズマン&ピアースが演じた美技をMLB公開「どちらがより良いプレー?」

 米大リーグで27日(日本時間28日)、一塁手の2つのスーパー捕球が炸裂。美しい“股割り捕球”と泥臭い“寝そべり捕球”という対照的なプレーを「2つのクレイジーなプレー。どちらがより良いプレー?」」と題して動画を公開し、ファンに呼びかけると「「驚くべきプレーだね」「両方とも素晴らしいよ」「あなたたちを誇りに思う」などと“魂の捕球”に喝采が起こっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 一塁手の対照的な美技が炸裂した。MLBは公式インスタグラムで2本の動画を公開した。

 1つ目はレンジャーズのロナルド・グズマンだ。アストロズ戦、8番スタッシが遊ゴロを放った場面だ。二遊間の打球に遊撃手アンドルスがなんとか追いつき、くるっと1回転しながら一塁へ送球。しかし、ほんのわずかにボールはショートした。これにすかさず反応したのが、グズマンだ。両足を綺麗に前後に180度開くと、ボールのショーとバウンドに合わせ、ミットを持った右手のグラブを振り上げ、しっかりと収めてみせた。遊撃手と2人で完成させたビッグプレーにスタジアムも一気に沸き立っていた。

 そして、2つ目はレッドソックスのスティーブ・ピアースだ。ツインズ戦、2-1で迎えた1死一、三塁のピンチ。ロサリオの痛烈なゴロを一塁手ピアースが捕球すると、二塁転送で封殺。併殺を狙って、すかさず一塁カバーへ走ったが、この直後だ。二塁からの送球を受ける際に頭から倒れ込んでしまった。しかし、ボールから目を離さず、足でベースに触れたままキャッチ。後ろから走ってきた走者から身を守るように頭を隠し、難を凌いだ。併殺が成立し、仰向けになると「あー、危なかった」と呆然の表情だ。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー