[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「誰からキスをされたのか…」 “下敷き&キス”されたカメラマンがあの瞬間を回想

「誰からキスをされたのか…」 “下敷き&キス”されたカメラマンがあの瞬間を回想

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝でクロアチアがイングランドに2-1で勝利。延長戦までもつれ込む死闘を制し、初の決勝進出を決めた。話題を集めているのが延長後半4分の決勝点の直後の一幕だ。歓喜のあまり、撮影していたカメラマンが、クロアチアの選手たちの“下敷き”になってしまうアクシデントが発生。クロアチア選手が、巻き込んでしまったカメラマンにお詫びのキスをするシーンが話題を呼んでいたが、そのカメラマンが海外メディアの取材に対して、あの瞬間を回想している。

勝ち越し点を決めて喜びを爆発させるクロアチア【写真:Getty Images】
勝ち越し点を決めて喜びを爆発させるクロアチア【写真:Getty Images】

“下敷き&キス”されたカメラマンが海外メディアにあのシーンを振り返った

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝でクロアチアがイングランドに2-1で勝利。延長戦までもつれ込む死闘を制し、初の決勝進出を決めた。話題を集めているのが延長後半4分の決勝点の直後の一幕だ。歓喜のあまり、撮影していたカメラマンが、クロアチアの選手たちの“下敷き”になってしまうアクシデントが発生。クロアチア選手が、巻き込んでしまったカメラマンにお詫びのキスをするシーンが話題を呼んでいたが、そのカメラマンが海外メディアの取材に対して、あの瞬間を回想している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 話題となったのは、延長後半4分のマンジュキッチのゴールの直後だった。左コーナーポスト付近で、折り重なって喜びを爆発させるクロアチアの選手たちだったが、ここで撮影していたカメラマンも巻き込んでしまった。下敷きになりながらも、これ以上ない歓喜の瞬間を逃すまいとシャッターを切り続けるカメラマンだったが、次の瞬間だ。

 歓喜の輪にいたDFドマゴイ・ビダは何事かカメラマンに声をかけると、突然頭にキスをし、さらにハグをして気遣ったのだ。怪我がないか、機材は壊れていないかなど、心配したようだが、テレビにもばっちりと映り、一気に世界中に広まった。

 一躍注目の的となったカメラマンは、フランスの通信社「AFP」に所属するユーリ・コルテス氏だった。スペイン紙「マルカ」のメキシコ版「ディアリオ・レコード」の公式ツイッターで公開されたインタビューでは“下敷き&キス”された瞬間を振り返っている。

「あの瞬間、彼らが自分の方向に向かって来たので、近くで撮れるようにカメラを広角レンズに交換したんだ。選手達は興奮し押し合っていたので、その時椅子がひっくり返った。カメラの準備はできていたから、ずっと写真を撮り続けたんだよ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー