[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 香川真司へ ベルギー10番の“美しき労い”に海外ファンも感動「真のプロだ」

香川真司へ ベルギー10番の“美しき労い”に海外ファンも感動「真のプロだ」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で敗れ、史上初の8強進出を逃した。一時は2点をリードしながら、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝点を許した。試合後、ピッチで天を仰いで倒れ込んだMF香川真司を相手10番が労う感動的なシーンを海外メディアが画像で公開し、「なんと気品あることだ」と称賛していたが、海外ファンからも「素晴らしいスポーツマン」などと反響が広がっている。

ベルギー代表の10番を背負うエデン・アザール【写真:Getty Images】
ベルギー代表の10番を背負うエデン・アザール【写真:Getty Images】

海外メディアが公開した試合後の写真に反響拡大「素晴らしきスポーツマン」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で敗れ、史上初の8強進出を逃した。一時は2点をリードしながら、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝点を許した。試合後、ピッチで天を仰いで倒れ込んだMF香川真司を相手10番が労う感動的なシーンを海外メディアが画像で公開し、「なんと気品あることだ」と称賛していたが、海外ファンからも「素晴らしいスポーツマン」などと反響が広がっている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 魂と魂をぶつけ合った死闘の後には美しいスポーツマンシップが繰り広げられた。英公共放送「BBC」の番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」公式ツイッターが公開したのは、4枚の画像だった。

 ピッチに仰向けに倒れ込んだ香川。放心状態の日本の10番に歩み寄った一人が、ベルギーの10番だった。MFアザールは顔を覗き込みながら、何事か声をかけている様子。そして、手を差し伸べて力強い握手を交わしている。かつてイングランドで鎬を削った間柄。試合が終われば、互いにリスペクトし合う姿があった。

 また、FWルカクも香川のもとに歩み寄り、握手を交わして体を引き起こすシーン、MFデブライネがうなだれる昌子を労う場面もあった。美しいスポーツマンシップの光景を、投稿では「試合終了の笛が鳴ると、ベルギーの選手たちは精根尽き果てた日本代表を慰めた。なんとも気品あることだ」と紹介していたが、画像を観たファンも感激した様子だった。

「素晴らしきスポーツマン」「真の男だ」「美しい」「真のプロ」などと海外ファンからコメントがつけられていた。互いに死力を尽くしたからこそ生まれたシーン。大会屈指の名場面として刻まれそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー