[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子の妹・暉璃子「ボロボロでした」80大叩き 第2Rは「1個でも多くバーディーを」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディス(愛媛・エリエールGC松山、6575ヤード、パー71)が17日に開幕。渋野日向子の妹で、レギュラーツアー初出場となったアマチュアの渋野暉璃子(きりこ、明大2年)は2バーディー、11ボギーの80で回り、9オーバー発進となった。

渋野暉璃子【写真:Getty Images】
渋野暉璃子【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディス(愛媛・エリエールGC松山、6575ヤード、パー71)が17日に開幕。渋野日向子の妹で、レギュラーツアー初出場となったアマチュアの渋野暉璃子(きりこ、明大2年)は2バーディー、11ボギーの80で回り、9オーバー発進となった。

 ほろ苦いレギュラーツアーデビューとなった。暉璃子は出だしから5連続ボギーを叩き、前半だけで7ボギー。9番パー5で初めてバーディーを奪ったものの、後半も1バーディー、4ボギーと巻き返せず。ラウンド後は「80を打ってしまったので、自分でもびっくりしています。全然プレーがまとまらなくて、グリーンも捉えられないし、パターも入らないし、ボロボロでした」と振り返った。

 緊張については「多少あった」というが、「そこまで余裕がないくらいゴルフが大変過ぎました」と回顧。それでも9番はナイスバーディーを奪い、「皆さんが見ている前でバーディーが獲れたのは良かったなと思います」と光る場面もあった。「当初目標にしていた予選通過はだいぶ厳しくなってきたので、(明日は)とりあえず1個でも多くバーディーを獲りに行きたい」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集