[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花「今年も欲しいですね」 エリエール製品1年分は「親戚、友達にも喜ばれた」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディス(愛媛・エリエールGC松山、6575ヤード、パー71)が17日に開幕する。前日の16日はプロアマが行われ、前年大会覇者の原英莉花(NIPPON EXPRESS ホールディングス)が会見。意気込みを語った。

原英莉花【写真:Getty Images】
原英莉花【写真:Getty Images】

国内ツアー・大王製紙エリエールレディスが17日開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディス(愛媛・エリエールGC松山、6575ヤード、パー71)が17日に開幕する。前日の16日はプロアマが行われ、前年大会覇者の原英莉花(NIPPON EXPRESS ホールディングス)が会見。意気込みを語った。

 前年女王として、原が松山に帰ってきた。昨年は最終日の17番パー5で劇的なイーグルを奪取し、涙の優勝。「今日もプロアマで回ったけど、17番は難しいので、よくイーグルを獲ったなと思いました」と当時を思い返しながら、この日はラウンドした。

 今季は3週連続予選落ちも味わうなど、苦しんできた。しかし、直近3試合は8位→11位→7位と上向き。「一時期の『凄い良かったな』という(時期)よりは自分の中では感覚が良くないけど、それなりに安定しているので、そこまで不安なく回れているかな」と現状について明かした。

 一方で、今季は未勝利。そのことについて問われると「いやあ、そうですね」と言い、言葉に力を込めた。「もちろん悔しいし、勝ちたい気持ちは凄くある。終盤戦は良い戦いはできているし、ゴルフは良くなってきているので、あとは気持ちで勝負できるかどうか」と語った。

 最終戦のJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの出場権も崖っぷちの状況。

「良くなかった時期が長すぎて、『勝負だぞ』という時に消極的になっていると先週に思いました。(最終日の)14番くらいから、どうなってもいいから『逃げずに攻める』と思って打ったボールが、気持ちが乗って飛んでくれているのを見て、こういうのをやらないと思った。今週は逃げずに戦いたい」

 強い決意をのぞかせた一方で、昨年はエリエール製品1年分が贈られたことを振られると、「今年も欲しいですね」と笑顔も見せた原。「ペーパー類は自分で買わずに済んだし、親戚、友達とかにもあげて喜ばれて、ありがたかったです」と語った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集