[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 賛否両論のフェアプレーP より良い解決策を米メディア提言「これがベストな手段だ」

賛否両論のフェアプレーP より良い解決策を米メディア提言「これがベストな手段だ」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。終盤約10分間の消極的な戦術には賛否両論が相次いでいるが、米メディアは今回のような事態を防ぐ解決策を提言している。

フェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を決めた日本代表【写真:Getty Images】
フェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を決めた日本代表【写真:Getty Images】

フェアプレーポイントに代わる決着方法を米ヤフーが特集

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。終盤約10分間の消極的な戦術には賛否両論が相次いでいるが、米メディアは今回のような事態を防ぐ解決策を提言している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「セネガルのイエローカードによるW杯敗退を受けて、より良いタイブレークの解決策はあるのか?」

 こう見出しをつけて特集を組んでいるのは米ヤフースポーツだった。

「木曜、セネガルはもっとも残酷な形でワールドカップに敗退した。3試合で日本より2枚多くイエローカードを得たからだ」

 まず記事では日本とセネガルを分けた差は2枚のイエローカードだったことを伝えている。

「もしそれが不合理に見えたなら、その通りだ。グループHの2チームは勝ち点、得失点差、総得点でタイだった。彼らは直接対決で引き分けていたので、対戦成績でのタイブレークもできない。残された手段はフェアプレーか抽選のみだった」

 両者の置かれた状況を説明した上で、「不合理に見えるものの、理解できるものだ」と付け加え、「くじ引きやコイントスよりはほんの少しだけ、チーム間の差をつけるためには良い方法だ。ほんの少しは」と強調している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー