[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 川島永嗣はまるで若林!? 「キャプテン翼のアニメのように…」 海外メディア賛辞

川島永嗣はまるで若林!? 「キャプテン翼のアニメのように…」 海外メディア賛辞

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。セネガルと勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメントへ向けての好材料は、安定感を取り戻したGK川島だ。決定的なピンチを右手一本ではじき出したシーンを、海外メディアは人気マンガ「キャプテン翼」の登場人物に例えて賛辞を送っている。

川島永嗣【写真:Getty Images】
川島永嗣【写真:Getty Images】

スーパーセーブの川島に海外からまるで“伝説GK”と称賛

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。セネガルと勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメントへ向けての好材料は、安定感を取り戻したGK川島だ。決定的なピンチを右手一本ではじき出したシーンを、海外メディアは人気漫画「キャプテン翼」の登場人物に例えて賛辞を送っている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 前半32分にMFカミル・グロシツキの強烈なヘディングシュートを右手一本ではじき出すスーパーセーブ。ボールがゴールラインにかかる、ぎりぎりの大ピンチを阻止してみせたのだ。後半14分に失点こそしたが、2点目を与えなかったことで日本は決勝T進出が決定。日本が誇る守護神が3試合目にしてようやく本領を発揮した。

「エイジ・カワシマがゲンゾウ・ワカバヤシのようにクールに救う」

 こう見出しをつけて、川島を称賛しているのはインドネシアメディア「detik.com」だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー