[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子が2週連続V争い コーチが指摘した前週失速の反省「口角を上げてプレーを」

女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディスは12日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)で第2日が行われた。2位で出た上田桃子(ZOZO)は1イーグル、7バーディー、1ボギーの64で回り、通算13アンダーの単独首位に浮上。前週は初日から第3日まで首位を走ったが、最終日に崩れて5位。反省を胸に今季2勝目を狙う。2打差の2位には、メルセデス・ランキング(MR)首位の山下美夢有(加賀電子)がつけた。

今季2勝目を狙う上田桃子【写真:Getty Images】
今季2勝目を狙う上田桃子【写真:Getty Images】

伊藤園レディス第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディスは12日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)で第2日が行われた。2位で出た上田桃子(ZOZO)は1イーグル、7バーディー、1ボギーの64で回り、通算13アンダーの単独首位に浮上。前週は初日から第3日まで首位を走ったが、最終日に崩れて5位。反省を胸に今季2勝目を狙う。2打差の2位には、メルセデス・ランキング(MR)首位の山下美夢有(加賀電子)がつけた。

 最終18番パー4。上田が残り156ヤードから放った第2打はピン側についた。ギャラリーの拍手と声援を受けながらグリーンへ。“お先に”のバーディーパットでまた1つを伸ばした。

「先週からショットの悪いところを修正できました。コースもアグレッシブさを求めていますし、美夢有ちゃんが『ビタッ』なら『私も』という思いでプレーしていました」

 同組で首位発進の山下との「伸ばし合い」になった。上田は1、3番でバーディーを奪い、5番パー5では残り15ヤードからの第3打を直接入れてイーグルにした。一方、山下は3番から4連続バーディー。しかし、上田は残り2ホールで山下に差をつけた。難関17番で13メートルのロングパットを決め、18番のスーパーショットへと繋げた。単独首位で最終日へ。前週と同じ状況になった。

「ここまではコーチやキャディーさんの力を借りてやってこられました。この先、最終日にどういうゴルフができるかが、私の抱えている課題。集中力の高さを求められるので、そういう意味では、今年一番ワクワクして迎えられる最終日になると思います」

 前週、上田は74とスコアを伸ばせず5位に終わった。終了後は「まだ、成長できていない。克服できていないという感じです」とコメント。ショックは「まだ、引きずっています」とし、「優勝を意識しないように思い過ぎました。積極性に欠けていましたし」と振り返った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集